なぜあの人は緊張しないのか?緊張する人しない人の特徴・性格・考え方の違いを徹底比較!

スピーチやプレゼン、面接といった場面に緊張はつきもの。

けれどもそんな緊張する場面で、そんなそぶりも見せない人だっています。いつだってスマートで落ち着いて話せる人ってかっこいいですよね。

緊張しすぎて話すのが苦手な人からすれば、緊張しない人は不思議で仕方ありません。

「なぜあの人は人前で緊張しないんだろう?」

「緊張しない性格ってあるのかな?」

そんな普段人には聞けない、緊張しない人に共通する特徴や考え方、性格などを今回調べてみました。

これを読めば、あなたがこれからどうしていけばいいかがわかります。

ではさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

緊張しない人の性格

緊張しない人と言われて思い浮かべるのは、性格が図太い人。

周りからどう思われるかなんて気にならないし、どちらかというと、自分がどうしたいかの方に気持ちが向くので余計な緊張はしません。

あなたは反対に繊細で神経質な性格ですか?そうしたら、人前で話したりする時どうしても緊張してしまいますよね。

昔「鈍感力」という本が流行りましたが、その影響で、繊細で神経質な方に対しても「鈍感力」を身につけましょうと言われてましたが、そんなすぐに人の性格なんて変わりません。

ここでは、緊張する人・緊張しない人の違いを比べてみることで、その人固有の性格ではなく、緊張しない人の考え方や目に見える特徴・目に見えない特徴にもスポットを当てていきます。

緊張する人の特徴

緊張する人の特徴はざっとこの通り。

  • 完璧主義である
  • 周りからの評価を気にする
  • 生真面目である
  • 自信がない
  • 自意識が強い
  • 優劣をつけたがる

あなたはどれくらい当てはまりますか?当てはまる特徴が多ければ多いほど、緊張しやすくなるはずです。

それに対して、緊張しない人の特徴はこちら。

  • 失敗しても間違っても大丈夫
  • 自分で自分を評価できる
  • ほどほどのいい加減さを持っている
  • なんとかなると思っている
  • 相手の反応をよく見ている
  • 誰とでも対等に話す

それではそれぞれの項目についてみていきましょう。

失敗しても間違っても大丈夫

緊張する人は完璧主義が多いのですが、緊張しない人は反対に失敗しても間違っても大丈夫と思っています。

なぜ緊張する人は完璧主義が多いかというと、傷つくことを恐れているからです。誰しも責められたり批判されることは避けたいものですが、完璧主義の考え方は、この、責められたり批判されたりすることを避けようとします。

自分に対するハードルを上げれば上げるほど緊張するもの。緊張しない人は、失敗しても間違っても大丈夫と思っていますから、自分に対するハードルが下がって緊張しにくくなるのです。

自分で自分を評価できる

緊張する人は、周りからどう思われているかを気にする人が多く、周りの評価=自分の評価となってしまっています。それに対して、緊張しない人は、周りの評価だけでなく、自分で自分を評価することが出来ます。

このことと、緊張とどんな関係があるのでしょうか?それは、自分でコントロールできる部分の違いにあります。

周りの評価というものは、人によってそれぞれです。自分の思った通りに評価されないことだってもちろんあります。でも、自分の評価は自分の思った通りにできます。

スポンサーリンク

緊張は、不安が強い時に起こるものなので、周りの評価に依存するよりも、自分で自分を評価したほうが不安は少なくなるのです。

ほどほどのいい加減さを持っている

自由にできる選択肢が少ないほど人は緊張します。

緊張する人は生真面目で選択肢が少ないのに対し、緊張しない人は、ほどほどのいい加減さを持っているので、物事に柔軟に対応できます。

選択の幅や柔軟性が緊張する・しないに大きく影響を与えるのです。

なんとかなると思っている

緊張する人は、完璧に準備しておかないといけないと思っています。それは、自分自身に対する自信のなさから生まれます。

緊張しない人は、事前準備を怠らないばかりか、その場で対処できる力があります。その場で考えることができるので、なんとかなると思えるのです。

この、「自信」は必ずしもその人の持っている能力と一致しているわけではありません。緊張する人は、やればできるのに「自分に自信がない」と思っています。

場数を踏むこと、準備をすること、そして評価を気にせず臨機応変に対応していった積み重ねが、なんとなるという自信を形成していきます。

相手の反応をよく見ている

緊張しない人は相手の反応をよく見ています。相手が興味を持っているのか、相手が喜んでいるのか、と相手中心の意識を持っています。

それに対して緊張する人は自意識過剰になっています。相手からどう思われるか、どう言われるかばかりを気にしてしまうので、必然的に、話し方や内容に不安を感じて緊張してしまうのです。

緊張しない人は、相手に与えるという気持ちを持っているのが特徴です。

誰とでも対等に話す

緊張しない人は、上下関係や序列にこだわりません。誰とでも対等に話します。緊張する人は、必要以上に上下関係を意識してしまうので上司やライバルを必要以上に気にします。

緊張しない人は、勝つか負けるかに判断基準を置いていません。よりよくなるよう、自分のベストを尽くせるように努力するので上下関係や優劣を必要以上に気にしなくて済むのです。

緊張しない人の考え方

緊張しない人は、いい意味での開き直りを持っています。自分に対して自信があり、大丈夫だという安心感があるので、ちょっとやそっとの事では問題ないと思っているのです。

では、そんな緊張しない人はどんな考え方を持っているのでしょうか。その心の内側を覗いてみましょう。

  • 失敗しても死なない
  • 時間が経てば気にならなくなる
  • 計画通りに話さなくても大丈夫
  • よく見せようとは思わない
  • 失敗することは普通にある
  • 失敗したらネタにできる

これらに共通する特徴は、最悪の事態を想定できているということです。緊張する人は、緊張による失敗を大事のように考えてしまっていますが、実際他の人はそれほどあなたのことを気にはしていないのです。

あなたは、相手の話をそれこそ食い入るように聞いていますか?相手が失敗したら、もう終わりだと思っていますか?

他人の立場になってみると、そんな風にはならないということがわかると思います。

失敗を笑い飛ばせるくらいの考え方ができるようになれば、緊張せず、自分らしく話ができるでしょう。

まとめ

  • 緊張しない人の性格は、図太い人。でも「鈍感力」がない繊細な人でも緊張しない人になることはできる。
  • 緊張しない人と緊張する人の違いは、選択肢の多さ。周りの評価に縛られると選択肢が少なくなる。
  • 「傷つきたくない」という思いが完璧主義や生真面目さを生み、自意識過剰に陥る。
  • 緊張しない人の考え方は「最悪を想定した考え方」。失敗しても大事にはならない、という開き直りができている。

いかがだったでしょうか。緊張しない人と緊張する人の違いから、緊張する原因や共通する特徴が見えてきました。

自分自身を見つめ、向き合っていけばそれほど失敗は怖くないと思えるようになります。この記事を参考に、あなたも緊張しない人になっていることを願っています!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA