永作博美の甘酒豆乳はどこの甘酒?各メーカー・銘柄・種類・飲み方を一気に紹介!

美容と健康に気を使うことで有名な永作博美さん。

出典:http://chikiyumi.com/

アラフィフで2児のママでも変わらぬ美しさを保てているのは、もともと持っている美しさだけでなく、日頃見えないところで努力されているからに違いありません。

そんな永作博美さんにとって、美容と健康の秘訣は「甘酒豆乳」。今甘酒は美を追求する人たちを筆頭に大きなブームとなっていますね。

今回の記事は「興味をあるけど、甘酒はちょっとニガテ…」と感じる方も、どんな甘酒を選べばいいかを知りたい方にも十分満足できる内容となっています。

永作博美さんはどこの甘酒を飲んでいるのでしょうか?メーカーや銘柄、そして重要な甘酒の種類や飲み方についても調べてみました。

ではさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

永作博美も井川遥も愛飲!美容と健康の味方の甘酒

甘酒は飲む点滴とも呼ばれるほど栄養価が豊富。

芸能人にも愛飲者は多く、井川遥さんや永作博美さんも妊婦時代に甘酒を飲んで栄養補給をしていると言っていましたし、美容と健康を気にする人にとっては甘酒は必須アイテムと言えるでしょうね。

永作博美さんは、「はなまるマーケット」にゲスト出演した際に、現在ハマっているもので、毎朝「甘酒豆乳」を飲んでいると言っていましたし、井川遥さんも、ファッション誌「Very」のコラムで毎日「甘酒豆乳」を飲んでいると言っています。

他にも甘酒にハマっている芸能人としては、

  • 壇れいさん
  • 平子理沙さん
  • 小倉優子さん
  • 道端アンジェリカさん

などなど、そうそうたるメンバー。

永作博美さんが愛飲している甘酒はどこの銘柄・メーカーのものか気になりますが、永作博美さんも井川遥さんも料理上手なだけに、手作りという可能性もあります。

それだけでなく、疲労回復やビタミンB群・アミノ酸の補給にも最適。

永作博美さんは、甘酒に豆乳をミックスした、「甘酒豆乳」を飲んでいるのだとか。栄養抜群でかつお肌もキレイになる、となれば、甘酒豆乳を飲まない手はありません!

ただ、「甘酒」といっても、市販で売られているものはピンからキリまであります。もちろん安くてもおいしいものはありますが、必ずしも美容や健康に効果があるとは限りません。せっかくなので栄養価の高いものを選びたいですよね。

ここでは、美容と健康に甘酒の選び方のポイントをお伝えしていきます!

甘酒の選び方は種類に注目!「米麴」がマスト!

甘酒はクセがあって苦手…と思っている方はいませんか?

神社などでふるまわれるのは酒粕で作られた甘酒。好きな人は好きですが、クセが強いので合わない人には合わないと感じることが多いようですね。

実は甘酒が苦手と感じている人の多くが、美容と健康に効果のある「米麹」由来の甘酒ではなく、酒粕で作られた甘酒を飲んだ経験から来ているそうなのです。

市販で売られている甘酒は「酒粕」と「米麹」の2種類があって、原材料によって大きな違いがあります。

  • 酒粕由来:クセがある。酒粕は安価で手に入れることができ、お砂糖で甘さを出す。
  • 米麹由来:クセがなく飲みやすい。お米の甘さを引き出すことでノンシュガーでも甘みを感じる。

酒粕は安価で手に入りますが、甘酒にする過程で砂糖を大量に使用して甘みを出しているため、美容やダイエットには不向き。また酒粕で作るとアルコールが含まれている場合もあるので、酒粕が原材料となっている甘酒は避けましょう。

甘酒の選び方のポイントは原料が「米麹」のものを選びます。

「米麹」で作られた甘酒は、砂糖は使用せず、米と米麹と塩のみ。米麹が米を分解する過程で糖化し、自然かつ濃厚な甘みが得られるので味もGood。

甘酒の選び方は種類を間違えないことが重要。原材料を見て、「米・米麹・塩」と書かれてある種類のものをぜひ選ぶようにしてください。

永作博美の甘酒はどこの甘酒?芸能人の愛飲しているメーカー・銘柄を一挙紹介!

芸能人の方はどんな甘酒を飲んでいるのかなと思って調べたところ、どれもネットで買えるものばかり!
その豊富なメーカー・銘柄をまとめてみました。

八海山「麴だけでつくったあまさけ」

まずは小倉優子さんおすすめの甘酒、八海山「麴だけでつくったあまさけ」。”糖質無添加”と書いてある通り、自然な甘さが魅力ですね。

出典:https://ameblo.jp/ogura-yuko1101/entry-12124469636.html

越後湯沢で飲んだ甘酒!
今まで飲んだ甘酒で、一番のお気に入りの甘酒になりました♡

小倉優子オフィシャルブログ

こちらが小倉優子さんおすすめの、八海山「麴だけでつくったあまさけ」商品紹介ページです。

八海山 麹だけでつくったあまさけ 118g x 10本
八海山
売り上げランキング: 17,287

天鷹酒造株式会社 有機大吟醸あまさけ「天鷹」

お次はモデルとしておなじみの平子理沙さん。おすすめの甘酒は、有機大吟醸あまさけ「天鷹」。飲み方も丁寧に書かれていますね。

出典:http://ameblo.jp/risa-hirako/entry-12219403652.html

わたしのお気に入りの甘酒を紹介しま〜す!有機 大吟醸の「天鷹」。

有機米のこうじで作られた甘酒は、自然の優しい甘さがわたし好み。
有機しょうがを擂って入れて飲んだりもします。加熱しない方が甘酒の栄養効果が失われないという事なので、冷やしたままで飲んでいます。

でも、わたしは特に甘酒の効能というよりも、子供の頃から味が好きなので、気が向いた時に買って飲んでいます。

平子理沙オフィシャルブログ

こちらが平子理沙さんおすすめの、有機大吟醸あまさけ「天鷹」商品紹介ページです。

天鷹酒造株式会社 有機大吟醸あまさけ 300mlビン×3本 クール冷蔵便
天鷹酒造株式会社
売り上げランキング: 125,255

マルコメ「米糀からつくった甘酒」

マルコメ「米糀からつくった甘酒」をおすすめしているのは安田美沙子さん。高熱で何も食べれない時に旦那さんに買ってきてもらったそうです。

スポンサーリンク

甘酒は「飲む点滴」と言われますが、まさに点滴代わりになってますね。

出典:http://ameblo.jp/misanna/entry-12120309707.html

旦那さんにお願いして、ヨーグルトと甘酒買ってきてもらいました。
飲む点滴と言われる甘酒。甘くて美味しかった。

安田美沙子オフィシャルブログ

こちらが安田美沙子さんおすすめの、マルコメ「米糀からつくった甘酒」商品紹介ページです。

マルコメ プラス糀 米糀からつくった糀甘酒 125ml×18本
マルコメ (2015-07-11)
売り上げランキング: 226

ちなみにこのマルコメの甘酒は、生姜ブレンドや豆乳ブレンドのものもあります。永作博美さんの愛飲している「甘酒豆乳」を手軽に試してみるのであれば、こちらの色を試してみるのもよいかもしれませんね。

マルコメ プラス糀 糀甘酒 豆乳ブレンド 125ml×18本
マルコメ (2016-03-01)
売り上げランキング: 1,574

榮太樓「和菓子屋のあま酒」

最後はアメブロで人気の渡辺美奈代さんおすすめ、榮太樓「和菓子屋のあま酒」。サラッと飲めるという続けやすさも甘酒のいいところですね。

出典:https://ameblo.jp/minayo-watanabe/entry-12249815433.html

最近は和菓子屋のあま酒がサラッと飲みやすくて主人と毎日コップ一杯飲んでいます

渡辺美奈代オフィシャルブログ

こちらが渡辺美奈代さんおすすめの、榮太樓「和菓子屋のあま酒」商品紹介ページです。

榮太樓 和菓子屋のあま酒 榮太樓×獺祭 770g
榮太樓總本鋪
売り上げランキング: 3,208

と、一気におすすめの甘酒のメーカー・銘柄をご紹介してきましたが、残念ながら永作博美さん愛飲の甘酒はどこの甘酒なのかの情報は出てきませんでした。

影響力の強い永作博美さんですから、あえてメーカーや銘柄は伏せたかもしれないし、ご家庭で試してみたりするのかもしれませんね。

今ご紹介した甘酒の中から気になったモノを選んで、そして次にお伝えする、甘酒に豆乳を加えた「甘酒豆乳」をぜひ試してみてください!

甘酒豆乳のつくり方と、甘酒豆乳の飲み方の注意点!

気になる甘酒を一つ選んだら、今度は健康志向の高い「甘酒豆乳」にチャレンジしてみましょう。

この「甘酒豆乳」は最初にお伝えした通り、永作博美さんが妊婦さんの時に愛飲していたもので、甘酒+豆乳で美容と健康効果は抜群!

でも、作り方は驚くほど簡単。つくり方は、

  • 甘酒と豆乳を1:1の割合で混ぜ合わせるだけ。

この飲み方は、永作博美さんや壇れいさんの他にも、白石美帆さんやおのののかさんもされていて、シンプルで簡単なだけでなく、豆乳単体で飲むよりも飽きが来ず、後味がスッキリして飲みやすいんです。

これ最初にやった人天才!と思うほど美味しくなるみたいですよ~!

甘酒に混ぜる豆乳の選び方

参考までに豆乳の選び方については「調整豆乳」と「無調整豆乳」がありますが、調整豆乳は飲みやすくするために砂糖や塩、乳化剤などを加えていので、添加物を避けるのであれば、「無調整豆乳」を選んだほうがよさそうですね。

結論としては、永作博美さんは健康に気を遣っていることで有名なので、美容と健康に気を遣う方は、「無調整豆乳」を選んでください。

ただし、健康にいいからと言って飲み過ぎは禁物。というのも、女性の場合、豆乳に含まれる大豆イソフラボンが原因で、生理周期が狂ったり、乳がんや子宮がんなどのリスクが高まったりするそうです。

1日に飲む量としては、200mlパックを1日1本を目安にしてください。

まとめ

  • 永作博美さんが愛飲しているのは「甘酒豆乳」。栄養豊富・美容と健康に効果があり、大きなブームとなっている。
  • 甘酒を愛飲している芸能人は、永作博美さんを筆頭に、井川遥さん、壇れいさん、平子理沙さんなどなど支持者は多数。
  • 甘酒を選ぶときは種類に注目。美容と健康には、「酒粕」由来ではなく「米麹」由来の甘酒をチョイス。
  • 永作博美さんはどこの甘酒かがわからなかったが、多くの芸能人が市販で購入できるメーカー・銘柄のものを公開している。
  • 甘酒と豆乳をミックスした「甘酒豆乳」のつくり方は、甘酒1:豆乳1。このシンプルな黄金比が飲みやすい。
  • 豆乳の飲み過ぎはホルモンバランスを崩してしまうため、飲み方には注意。豆乳は無調整豆乳を選ぶ。

いかがだったでしょうか。永作博美さんや井川遥さんなど、いつまでも変わらぬ美しさを保つ方々に支持されている「甘酒」は無理なく続けられる素晴らしい飲料だと思います。

永作博美さんのように美しさを保つためにも、「甘酒豆乳」をぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA