永野芽郁主演の朝ドラ「半分、青い」の舞台は岐阜!

朝ドラ「半分、青い」のヒロインを永野芽郁さんが務めることが決まりました。

出典:http://www.oricon.co.jp/

永野芽郁さんの脇を固めるキャスト、ストーリーの内容、様々なところに興味がいくと思いますが、今回は「半分、青い。」の舞台について調べてみました!

舞台は岐阜県の東濃地方。自然豊かなこの地で、どんな物語が始まるのか楽しみですね。ここでは、東農地方の自然やグルメについてお伝えしていきます。

ではさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

朝ドラの魅力はストーリーの舞台

2018年春から放送される朝ドラ「半分、青い。」のヒロインは永野芽郁さん。飛ぶ鳥を落とす勢いの永野芽郁さん、ついに朝ドラのヒロインを射止めましたね。

毎回朝ドラが新しくなるたびに注目されるのが、その舞台。

有村架純さんがヒロインの「ひよっこ」は茨城県、葵わかなさんがヒロインの「わろてんか」は大阪府が舞台。

それぞれ、その土地特有の方言をヒロインが一生懸命覚えるのも魅力の一つですね。

もちろん、地元民からすれば、その言葉のリズムやイントネーションは完璧ではなく、放送の度に賛否両論が起こるのですが、今まで知らなかった言葉遣いや文化などをヒロインを通して知ることができるのは、やはりプラスになることが多いのではないでしょうか。

朝ドラ「半分、青い。」は岐阜県が舞台

そして、永野芽郁さんがヒロインの朝ドラ「半分、青い。」は岐阜県が舞台となっています。

岐阜県と言ってもその面積はかなり広く、大きく分けると、4つの地区に分けられます。

  • 岐阜地区:岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・本巣市・羽島郡・本巣郡
  • 西濃地区:大垣市・海津市・安八郡・揖斐郡・不破郡・養老郡
  • 中濃地区:美濃加茂市・可児市・関市・美濃市・加茂郡・可児郡・郡上市
  • 東農地区:多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市・中津川市

「西濃運輸」という運送会社は、この岐阜県の西濃地区に端を発した企業ですね。

で、今回の朝ドラの舞台(故郷篇)はこの4地区の中のどこかというと、「東農地区」に当たるそうです。

「半分、青い。」の舞台、岐阜県東濃地区

朝ドラ「半分、青い。」の舞台は、岐阜県東濃地区。永野芽郁さん演じるヒロイン・楡野鈴愛(にれのすずめ)さんも東濃地区生まれという設定です。

地方を舞台としたドラマでは、岩手・三陸地方を舞台とした「あまちゃん」が有名ですが、この「あまちゃん」のヒットをきっかけに東北・三陸地方にスポットが当たり、地域活性化につながりました。

今回の朝ドラ「半分、青い。」でも、過疎化が進む岐阜県東濃地区が注目されることになるのではないでしょうか。ではこの東濃地区について、自然や名産、文化、有名人などを見ていきましょう!

岐阜県東濃地区の自然

岐阜県東濃地区は自然が魅力。特に東濃ヒノキと呼ばれる檜の木は、伊勢神宮の式年遷宮では、外宮の用材として使われるほどの立派な山林を有しています。

恵那峡

出典:http://www.tohsyoh.jp/ship

春は桜やツツジ、夏は新緑、秋は紅葉、冬はマガモや水鳥など、四季折々の自然が満喫できます。見どころは他にも、大井ダムや奇岩など。

スポンサーリンク

坂折棚田

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/wakaayu_8345

今から400年ほど前、戦国時代から江戸時代に入る頃に坂折棚田は作られました。自然石を積み上げた、高さ1~3mの棚田で、先人たちの知恵と汗の結晶は日本棚田百選の一つとして、今なお美しい景観とともに保たれています。

岐阜県東濃地区のグルメ

東濃地区のグルメは、自然豊かな環境で育った素材を活かしたグルメが特徴。

たじみそ焼きそば

出典:http://tajimiso.com

多治見市発祥の人気沸騰中のB級グルメ。特徴はピリ辛味噌と半熟卵。ピリ辛味噌がベースとなっており、半熟卵のトロトロと混ざって豊かなハーモニーを奏でます。

うなぎ

出典:http://www.sawasen.com/sawasen/

陶器の都である多治見市では、陶工が窯の炎で消耗した体力を回復するために、高たんぱくで消化の良いうなぎが重宝されたようで、日常的にうなぎを食べる習慣があるそうです。

加子母トマト

出典:http://dochubu.com/

加子母とは、美濃地方と飛騨地方の境に位置する中津川市加子母地区のこと。面積の9割が山林で、東濃ヒノキの産地としても知られています。

水がキレイで豊かな土壌で育った加子母トマトは、ミネラルやリコピンが豊富に含まれ、酸味と甘みのバランスがとれたトマトです。

栗きんとん

出典:http://onsennews.com/

岐阜県東濃地区は栗きんとん発祥の地。栗と少量の砂糖を合わせて炊き、手絞りで仕上げたお菓子で、中津川市・恵那市などには栗きんとんのお店が多数あります。

まとめ

  • 永野芽郁さんがヒロインを務める朝ドラ「半分、青い。」の舞台は岐阜県東濃地方。
  • 東濃地方は自然豊かで、素材を活かしたグルメを堪能できる。

いかがだったでしょうか。この朝ドラ「半分、青い。」がヒットして、この岐阜県東濃地方が活性化していくことが楽しみになってきました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA