結婚を焦る30代アラサー女性のあなたへ!「焦り」で結婚を失敗・後悔させないための自分との向き合い方

女性にとって結婚は人生の一大イベント。

にもかかわらず、結婚できずに気がついたら30代がもう目前、もしくは30代になっていた。いくら焦りたくないといっても、周りの結婚・出産の話題を聞くたびに焦るのも仕方ありません。

今回は、結婚を焦って失敗や後悔をしたくない、けれどこの焦りをどうにかしたいと感じている30代、もしくは30代目前に迫っている、いわゆるアラサー世代の女性に向けて、結婚してもしなくても自分と向き合ってよかったと思えるような内容になっています。

焦りに対処するためには、焦りの原因と焦りの対処法を知ることが大切です。まずは、結婚に対する焦りについてみていきましょう。

スポンサーリンク

女性が結婚に焦りを感じる瞬間

あなたが結婚に焦りを感じるのはどんな時でしょうか?あなたの焦りを感じるポイントを確認していきましょう。

友人の結婚報告を聞いたとき

30代も近づくと、周りの友人から次々と結婚報告がやってきます。女性は、みんなと同じでありたいと思う気持ちが強いため、周りの変化に焦りを感じる傾向が強いのです。

また、独身の友達が減ってしまうことで、盛り上がる共通の話題が少なくなり、自分は本当に大丈夫なのかと不安を抱くことが多くなります。

友人の出産報告を聞いたとき

友人の結婚報告に焦るのと同様に、出産報告に関しても焦りを感じます。出産に対して素直に喜びたい気持ちもあるけれど、内心は焦りを感じているのではないでしょうか。

また、自分は取り残されているとみじめさを感じてしまったり、劣等感を抱く人もいます。

SNSで友達の幸せそうな投稿を見た時

SNSで結婚や出産といったライフイベントの写真を見かけることが多くなります。

幸せそうな結婚の写真や、生まれたての子どもの写真を見ると、どうしても「それに対して自分は…」と比較してしまうことが多くなり、焦りを感じることが増えてきます。

女性が結婚に焦りを感じる瞬間は、周囲の変化によって生じるものがほとんどです。では、この焦りはどういったところからくるものなのでしょうか。焦りの特徴と心理についてみていきましょう。

焦りの特徴と心理

まずは焦りを理解するためにも「焦り」という感情の特徴を見ていきましょう。

焦りの特徴

焦りとは準備不足を警告する感情であり、準備を促すという目的があります。主な特徴は以下の通りです。

  • 1)近い未来に対して起きる感情である。
  • 2)対象ははっきりしているが、準備不足であったり気持ちがそこに向いていないときに起こる
  • 3)何らかの対応がしないと後が怖いと感じた時に起きる感情である

※焦りと関係の深い不安と恐怖については、関連記事「不安・焦り・恐怖の正体とは?」を参照

焦りの特徴をつかんだら、次は「焦りを感じやすい人の心理」を見ていきましょう。

焦りを感じやすい人の心理

焦りを感じやすい人には次のような心理があります。

周りよりも優位に立とうとする・先に行こうとする

焦りがちな人は性格的にせっかちな傾向があります。周りよりも優位に立とうと・先に行こうとする意識が強く、自分だけが遅れることに恐れを感じています。

周りとの比較で動くことが多いので、他人の動向が気になり、何もしないで待つという心理的な余裕を持ちにくくなります。

完璧主義で「ほどほど」の意識がない

仕事などにおいて完璧を求める傾向があります。「こうあるべき」といった基準に満たなければ、いくら周りから見ても十分なはずなのに焦りを感じてしまう。

心理的な余裕がなく、「ほどほどでいい」という意識がないことがさらなる焦りにつながってしまいます。

引き延ばし癖がある

完璧主義な人ほど、意外にも引き延ばし癖があります。完璧でなければいけないという意識があるからこそ、完璧だと思えなければ物事を引き延ばしてしまうのです。

そういう人は、できるできないに関わらず、自分に自信がなく不安を感じやすいのです。

このように、周りに対して優位に立ちたいがために、完璧を求めて行動に移せないという姿が見えてきたと思います。

焦りの度合い

焦りと一口に言ってもその度合いはさまざまです。人が焦りを感じた時、度合いに応じてどのような対応を取るのかを見ていきましょう。

  • レベル1(弱い):言い訳をしたり、目をそらすことによって課題に取り組むことを断念する
  • レベル2(やや弱):それほどの基準・完成度でなくてもいいやと目標を引き下げる
  • レベル3(やや強):ギリギリで達成期限を先延ばししようとする
  • レベル4(強い):必死に努力して課題を達成することで現状を目標に近づける

結婚は仕事と違い、相手の好みや価値観が大きく絡んでくることなので、単純に頑張って努力すれば結婚できるという話ではありません。

そして、「何歳までに結婚しなければならない」というルールもなく、もっと言えば結婚しないという選択肢もあるからこそ、結婚に踏み切れず、周りが結婚していくという状況に焦りを感じてしまうのではないでしょうか。

結婚の焦りにどう対処するか

スポンサーリンク

焦りの特徴や心理がわかったところで、結婚の焦りにどう対処するかをお伝えしていきます。

周りが結婚・出産している状況にあなたが煽られてしまっているからこそ、焦っている状況を冷静に見直し、結婚に対する価値観ともう一度向き合ってみましょう。

どうして結婚したいのかを考える

まず知っておいてほしいのは、独身は悪いことばかりではないということです。

周りの幸せそうな表情を見ていると、どうしても「私は結婚してないから幸せになれないんだ」と思ってしまいがちです。

けれどもそうではありません。独身女性でも、自分のやりたいことを見つけ、時間や周りに縛られずに独身生活を謳歌している人だっているのです。

まずはどうして結婚したいのか?をまず考えてみましょう。結婚することがゴールなのではありません。長い結婚生活、結婚してからどうしていきたいかの方が大切です。

とはいっても、結婚しないと不幸だという価値観がさまざまな所から刷り込まれているのは事実ですから、次にご紹介する結婚のデメリットも知っておくとよいでしょう。

結婚のデメリットを考える

結婚を焦っているうちは、「とにかく結婚する!」ということしか頭にないため、失敗や後悔につながりがちです。そうならないためにも、結婚のデメリットを知っておきましょう。

じつは全然合わない人だった

勢いに任せて結婚したけど、実は全然合わない人だった…。そんなパターンは数多くあります。

恋愛と結婚は違います。恋愛中であれば、相手もやさしくしてくれるし、相手のイヤな面を見ずにいられますが、いざ一緒に生活してみると合わなかったというケースが多いのです。

自分の時間がなくなった

自分の時間が無くなる、そんな当たり前のことも結婚を焦っている内は気づかないことが多いのです。

結婚して、一緒に生活するようになると、一人でゆっくりすることや自分のやりたいことをやる時間は制限されていきます。子どもができるとなるとさらに時間が無くなります。

もともと一人の時間を大切にしている人であれば、パートナーと一緒にいることに疲れてしまい、ストレスを感じてしまうことにもなりかねません。

想像していた生活とはかけ離れていた

想像していた生活とはかけ離れていた、と結婚後に感じる人も少なくありません。

結婚を外から見ていた時は幸せな生活が送れると期待していたのに…。結婚式が非日常的であるからこそ、当たり前の日常に落差を感じてしまうのかもしれません。

恋人だったパートナーも家族となり、恋愛感情も薄れてしまいます。「結婚なんてしなければよかった」と思う理由もこういったところにあります。

友達からの誘いが減った

独身の時は自由に飲み会や遊びに参加できたのに、結婚するとその時間がグッと減ってしまいます。

外へ遊びに行くことをよしとしないパートナーであれば、中々遊びに生きづらいし、既婚者ということで周りも遠慮して、友達からの誘いが減っていきます。

このように、結婚することによって生じるデメリットも少なくありません。何かを得れば、何かを失うことだってあるということを踏まえたうえで、結婚することについて考えてみましょう。

結婚する意味を考える

ドライな言い方をしてしまえば、結婚とは単なる制度です。結婚したからと言って愛が深まるわけでもなければ、幸せになれるわけでもありません。

結婚することのデメリットでも挙げた通り、結婚することによってマイナス面もあります。焦って合わない相手を選んでストレスを感じてしまっては元も子もありません。

それよりかは、自分らしく生きるためにはどうすればいいかを考え、そのうえで、自分を認め・尊重してくれる相手を選びましょう。その方が疲れませんし、結婚生活もうまくいきます。

さきほど結婚は単なる制度と言いましたが、結婚することである種の決意が生まれます。パートナーと生活を共にし、お互い成長し合いながら人生を歩んでいくことができます。

結婚する意味は人それぞれ。あなたなりの結婚の意味を考えてみてください。

結婚の焦りに対してまず行動してみる

結婚に対して焦りたくないけど、「何かしないと」と感じたのであれば、準備と行動をしてみることが一番です。

具体的には、異性と会う回数を増やすために婚活サークルやお見合いに行ったり、習い事をしたりするのが一般的です。

もし、行動を起こすのに不安がある場合は、婚活アドバイザーなどの専門家に相談したりして、少しでも行動できるように準備をしてみてください。

まとめ

  • 女性が結婚に焦りを感じる瞬間は、周りの結婚・出産を聞いたとき。どんなことに焦りを感じているかを確認しましょう。
  • 焦りを感じやすい人は、周りより優位に立ちたくて完璧主義な人。焦りの特徴と心理を理解しましょう。
  • 結婚することに焦りを感じている内は、デメリットに気づかないもの。結婚してどうしたいのか、自分らしくいられる結婚を目指しましょう。

いかがだったでしょうか。30代・アラサー女性は結婚に対してどうしても焦りを感じてしまうもの。

焦りたくないと感じた時には、焦りについて特徴と心理をよく理解し、焦る自分を見つめなおすよいチャンスです。

失敗や後悔しないためにも、結婚のメリット・デメリットを踏まえたうえで、自分は結婚してどうしたいのか、どうなりたいのかをイメージしていけば、おのずと感じている焦りは減っていくと思います。

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA