映画「インサイドヘッド」のキャラクターの名前と役割を紹介!簡単なあらすじも!

あなたは「インサイド・ヘッド」という映画をご存知ですか?

「インサイド・ヘッド」は「モンスターズ・インク」「ニモ」などで有名なピクサー制作のアニメーション映画です。「インサイド・ヘッド」は「脳みその中」という意味で、主人公はライリーという11歳の女の子とそしてその頭の中の感情たちです。

この映画、ピクサー映画だけあって、ものすごく面白くて感動するんですが、キャラクターに個性があり、感情が起きる仕組みについてもすごくわかりやすく描かれています(実際に心理学や脳科学の監修を受けています)。

日本人は、感情を表すことや、感情を伝えることが苦手だと言われています。

嬉しかったり、悲しかったり、怒ったり、怖かったりしたとき、それをうまく表現できなかったり、自分がどんなことを感じているのかわからなくなってしまっていないでしょうか。

この記事では、「インサイド・ヘッド」の簡単なあらすじと、登場人物である、基本的な感情のキャラクターの名前について紹介をしていきます。感情の理解が深まれば、感情を不必要と抑えつけたり、ガマンしたりせず大切にできるようになります。ではまずどんなお話なのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

インサイド・ヘッドの簡単なあらすじ

主人公は11歳の少女ライリーです。アメリカの中西部ミネソタで暮らしていたライリーは、父親の仕事の関係で、大都会サンフランシスコに引っ越します。

田舎の大きな家でのびのび楽しく過ごしていたライリーが目の当たりにしたのは、庭もない都会の小さな家。引っ越したばかりで家に荷物は届かない、眠るときもベッドがなく、お父さんやお母さんは忙しくてイライラしています。

そんな中、新しい学校で自己紹介をすることになりました。環境の変化でイヤなことがあっても、必死に明るく振舞おうとしていたライリー。しかし、抑えていた悲しみがあふれ出してしまい、クラスメイトと馴染むことに失敗します。

暴走した悲しみとそれを止めようとした喜びの感情が、脳の中を冒険しながら、不必要だと思っていたネガティブな悲しみのことを理解し、二人で力を合わせてライリーの崩壊していく心を救うという物語です。

インサイド・ヘッドには、一体どんなキャラクターが出てくるのでしょうか?

インサイド・ヘッドのキャラクターの名前は「5つの感情」!

生まれてまもない赤ちゃんの感情は、大きく分けて快と不快だけです。やがて成長とともに、快は喜びに、不快は、恐怖・怒り・嫌悪・悲しみに分かれていきます。

大人になるにつれて、自分が感じた怒りや嫌悪などを前面に出さずに、相手に思いを伝えようとすることで感情が成熟していきます。また、人との関わりの中で新たな感情も増えていきます。

ここでは、「インサイド・ヘッド」に登場する、基本的な5つのキャラクター(感情)の名前をご紹介します。

ヨロコビ

  • 【役割】ハッピーな気持ちにさせる
  • 【特技】 面白い遊びを思いつく
  • 【欠点 】たまに空気が読めない

前向きで明るく、いつも、ものごとのいい面に目を向けようとする、5人の中心的存在。

カナシミ

  • 【役割】 ???
  • 【特技】 みんなを盛り下げること
  • 【欠点 】 自分のネガティブ発言に落ち込む

つい、ものごとの暗い面を見てしまいライリーに悲しみを感じさせる。

イカリ

  • 【役割】 怒りを爆発させる
  • 【特技】 売られたケンカは絶対買う
  • 【欠点 】 一度切れたら止められない…

不公平な目にあったときなどに腹を立て、ライリーの怒りを爆発させる。怒りが激しい時は、頭から火を吹く。

ムカムカ

  • 【役割】嫌なものを遠ざける
  • 【特技】 イカリを挑発すること
  • 【欠点 】 気分屋で文句が多い

きらいなことや気持ち悪いものを嫌がったり避けたりすることで、ライリーを守っている。

ビビリ

  • 【役割】危険や恐怖から身を守る
  • 【特技】 「今日のキケン度」予測
  • 【欠点 】 いつも隕石の落下を心配している

いつもビクビクしていて、ライリーがあぶないところやこわいことに近づかないよう気をつけている。

ここに住む5人の感情たちはそれぞれの役割を持っています。ライリーに何かが起こるたび、その役割を交代しながらライリーに指令を出しています。ただしそれぞれいい面も悪い面も併せ持っています。どんな役割を持ち、どのようにつき合っていけばよいのでしょうか。

5つの感情(キャラクター)の役割とその付き合い方

インサイド・ヘッドのキャラクターは、その外見や特徴を見事に表現しています。それぞれが過剰に働けば悪い面が出てしまいます。

悪い面でなく、よい面を出していくためには、どういったことに気をつけてつき合っていけばよいのでしょうか。

スポンサーリンク

喜び(ヨロコビ)

喜ぶ:よいことがあって、楽しい、うれしいと思うこと。また、その気持ちを言葉や態度にあらわすこと。

お気に入りのお茶とスイーツ、素敵な音楽、気の合う友達とのおしゃべり、おしゃれ、趣味のスポーツ、気持ちのいいお風呂。

そんなささやかな楽しみから、誰かの役に立てた時のうれしさ、何かを成し遂げた達成感、人を愛し、愛される幸せませまで、あなたが笑顔になり、ハッピーな気持ちになれるのはすべて喜びの働きです。

たとえひとときでも、ハッピーな時間を持ち、それを積み重ねていくことは、生きる喜びにつながります。喜びは、生きる力そのものと言えるでしょう。

喜びの特徴である、前向きさ・ポジティブ思考はもちろんいいことですが、「どんなときもポジティブでいなくてはいけない」となってしまうと苦しくなってしまいます。

必要以上に、他のネガティブな感情を抑えつけてしまうことがありますので、どんな感情も大切だということを覚えておいてください。

恐怖(ビビリ)

恐れる:危険を感じて不安になったり、恐怖心を抱いたりすること。よくないことが起きるのではないかと心配すること。

恐怖の役目は、あなたに危険が迫ったり、はじめての状況や知らないものに直面したりしたとき、「安全は保証されていません、危ないですよ」「傷つくかもしれません」と知らせて、それに対する対応を促すことです。

「いつも以上に注意して!」と、警戒警報を出して、あなたを危険から守ってくれます。

痛みや熱が身体の不調や病気を教えてくれるように、恐怖は、危険を避け、命を守るために、なくてはならない自己防衛の感情です。

また、恐怖や不安は、喜びを共存することがあります。何か新しいことを始めたり、困難にチャレンジしたりしているときに感じる恐怖や不安は、成長の過程にあるというサインです。

恐怖を感じたらそれを受け止めてください。恐怖を乗り越える経験をたくさん積めば積むほど、あなたは勇気という強い見方を手に入れることができるのです。

怒り(イカリ)

怒る:不満や不愉快なことに対して、がまんできないという気持ちを表すこと。

怒りは「あなたが傷つかないように守る」ための感情です。例えばこんな時に怒りを感じるのではないでしょうか。

  • 不公平や理不尽なことに直面した時
  • 失礼な扱いを受けたり、侮辱されたりした時
  • 大切な人やものを傷つけられた時
  • 一生懸命やっていることを邪魔されたり、否定されたりした時
  • 自分の考えを無視され、一方的に相手の価値観を押し付けられた時

このように怒りを感じた時、心の奥には、「傷つけられて悲しい」という気持ちや、「無視されたことに対して不安だ」という気持ちが隠れている場合があります。

また、空腹のときは怒りやすいと言われるように、怒りはその時の気分や状況によっても左右されます。

こんな時は、自分の本当の気持ちや、心理状態を客観的に考えることができれば、怒りという強い感情に振り回されずにコントロールすることができます。

怒りは、扱いが難しい感情ではありますが、あなたのプライドを保ち、自分自身を守るために必要な感情なのです。

恐怖の反応が傷つかないために逃避するのに対し、怒りの反応は、現状を打破しようと闘います。この強いエネルギーをうまく使ってみましょう。

嫌悪(ムカムカ)

嫌悪:不快なものや出来事に対して、イヤな気持ちになること。憎み嫌ったり、不快感を持つこと。

人はあらゆるものに対して、自分なりの好き・嫌いの感情=「好み」をもっています。でも、人の個性がさまざまなように、好みも人によって様々です。あなたが嫌いなものや人を好きな人もいます。

好き・嫌いは、あなたがそれを受け入れるか、拒否するか、理屈抜きの主観的な価値判断です。好みは、あなたの価値観となり、生活や人生を豊かにして個性をかたち作っています。つまり、嫌悪は自分らしく生きるための手がかりです。

けれども、対人間、イヤな人との付き合い方には注意が必要です。嫌悪を露骨に表せば、相手を傷つけたり怒らせたりするだけだし、自分自身もイヤな思いをします。

「あの人は嫌い」「この人は苦手」と決めつけて、マイナスをレッテルを貼ることも苦しみのもとです。不愛想に見えるのはシャイで不器用だからで、本当はやさしい人であったりすることもあります。

このような嫌悪にとらわれないためには、「嫌い」よりも「好き」に目を向けること。好きな人と好きなことをすれば、こころは生き生きしていきます。

その一方で、嫌悪の原因を外に求めたり、人のせいにしたりせず、自分の心の問題として見直すことも大切です。自分が認めたくないコンプレックスを、人は他人に見出します。

イヤだと感じることを認め、受け入れることでありのままの自分を好きになることができるのです。

悲しみ(カナシミ)

悲しむ:心が痛んで泣きたくなるような気持ちになること。自分ではどうにもならない切なさを感じること。

悲しみは、何かを失ったときに湧き起こる感情です。悲しみの役目は、悲しませてあなたを不幸にすることではありません。つらい気持ちを受けとめ、前に進むためにあります。

そして、ヒトの優しさや思いやりを知り、人の気持ちに寄り添う心を育てるのが悲しみなのです。

実際泣くことで、脳内に癒し系の物質が出て、気持ちが落ち着くとも最近の研究では言われています。

必要以上に自分を責めることはよくないけれど、悲しいことやつらいことが起きた時、それを環境や人のせいにしないで、自分自身の問題として引き受けるのは大切なことです。なぜなら、あなたを悲しみや苦しみから救えるのは、あなた自身しかいないのです。

悲しい思いをしたからこそ、強くなれます。やさしくなれます。

人生は「雨のち晴れ」。悲しみはあなたの財産になります。

インサイド・ヘッド、5つの感情(キャラクター)のまとめ

  • 喜びは、ささやかな楽しみから達成感や愛し愛される幸せまでさまざま。喜びは生きるための原動力
  • 恐怖は、危険を避け、命を守るために、なくてはならない自己防衛の感情
  • 怒りは、不当な扱いをはねかえすエネルギー。あなた自身を守るために必要な感情。
  • 嫌悪感は、好き嫌いを決める、あなたの理屈抜きの判断基準で自分らしく生きるための手がかり
  • 悲しみは、あなたの気持ちを受け止める感情。そして人の優しさや思いやりを知り、気持ちに寄り添う心を育てるための感情。

インサイド・ヘッドの簡単なあらすじと5人のキャラクターの名前を紹介してきましたが、感情の理解は深まったでしょうか?

ポジティブな喜びに対して、恐怖、怒り、嫌悪、悲しみはネガティブなマイナス感情と言われています。どれも重要な役目を持っているのにマイナス扱いされてしまうのは、それぞれが役目に忠実になるあまり、コントロールを失って、マイナスの事態を引き起こすことがあるからです。

そんな時一番いけないのは、こんな感情を持つべきではない、いけないことだと否定して抑え込んでしまうことです。

インサイド・ヘッドのキャラクターの主役はカナシミです。最初は、ヨロコビがカナシミをいけない感情だと思って、仕事をさせないようにしていました。

けれども、カナシミの大切な働きがあったのです。ヨロコビとカナシミが力を合わせてライリーを救うシーンがこの映画のハイライトであることからも、感情を抑え込まないことの大切さがわかります。

全ての感情は、あなたが幸せになるためのものです。ネガティブな感情も、あなた自身です。ありのままを受け止め、その感情を抱いている自分と向き合うことであなたを守り、より生き生きとさせてくれるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA