生田絵梨花のピアノの実力は大学でわかる!東京音楽大学のレベルと絶賛エピソードについて!

乃木坂46の「いくちゃん」こと生田絵梨花さん。

ドイツ生まれの東京育ち、幼少期から学んでいるピアノはプロレベルとの評判で、ドラマや出演番組などでその腕前をいかんなく発揮しています。

そんな生田絵梨花さん、過去には芸能人特技王決定戦「TEPPEN」に出場し惜しくも優勝を逃しましたが、その実力はどれくらいなのでしょうか?

生田絵梨花さんの出身大学と言われている東京音楽大学のレベルと絡めながらプロとしての実力度合いを見ていきたいと思います。

ではさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

生田絵梨花はドイツ生まれのお嬢様でピアノは3歳から!

出典:https://www.musicman-net.com/artist/

生田絵梨花さんは、2011年の乃木坂46結成当初から活動している初期メンバー。

乃木坂46は清純派を前面に出し、フランスの女子高生「リセエンヌ」と形容されることがありますが、その中でも生田絵梨花さんは乃木坂きっての清純派、いわゆる「お嬢様」として知られています。

それは堀北真希似で目がクリッとしているから、ということもありますが、特筆すべきはその家庭環境。ドイツのデュッセルドルフに生まれ、習い事はピアノにクラシックバレエに書道、そして自宅に自分のグランドピアノがあるというもの。

特にピアノは3歳から始めていて、高校・大学でもピアノを専門に習い続けている本格派。乃木坂46でも初期の頃からその腕前を披露し、ライブや歌番組で披露していました。

ではその生田絵梨花さんのピアノの腕前について見ていきましょう!

ドラマ「残念な夫。」でピアニストを目指す役の生田絵梨花

生田絵梨花さんのピアノの実力が存分に発揮されたのが、2015年のドラマ「残念な夫。」。

生田絵梨花さんは主人公:陽一(玉木宏)の上司である細井茂(岸谷五朗)とその妻:美和子(大塚寧々)の一人娘である美香役を演じています。

美香(生田絵梨花)は私立の進学校に通う17歳の女子高生で、ピアノ教室の講師に「素質がある」と認められ、本人も将来ピアニストの道を進みたいと思っているが、進学を望む母親に自分の思いを打ち明けられず葛藤するという役。

ドラマでは楽器店で美香(生田絵梨花)がピアノを弾くシーンがあり、そこで主人公の陽一(玉木宏)に出会って家族や進路についての悩みを話すようになりますが、生田絵梨花さん自身は進学校ではなく音大の付属高校へ進学しています。

生田絵梨花の高校は東京音楽大学付属高校!

生田絵梨花さんの通っていた高校は、彼女の着ていた制服から「東京音楽大学付属高校」と言われています。

こちらの高校はその名の通り、私立の音楽大学である「東京音楽大学」の付属校で、生田絵梨花さんは多くの在学生がそうであるように内部進学により東京音楽大学へと進みます。

東京音楽大学付属高校のの卒業生はどんな人がいるかというと、有名どころで言えば、盲目のピアニストで有名な辻井伸行さん、ピアノ以外で言えばヴァイオリン奏者の宮本笑里さんなどがいらっしゃいます。

そして、生田絵梨花さんと同じく、AKBグループの卒業生もいるんです。それが、松井咲子さん(元AKB48)。

松井咲子さんもピアノを学んでおりピアノの腕前はプロレベル。そしてこの生田絵梨花さんと松井咲子さんは、芸能人特技王決定戦「TEPPEN」で過去に対決しているんです。

生田絵梨花は「TEPPEN」で松井咲子とピアノ対戦!

https://www.musicman-net.com/artist/

生田絵梨花さんの才能が広く知られるようになり、ドラマ「残念な夫。」の足掛かりとなったのが芸能人が特技を競う番組の「TEPPEN」。

その「TEPPEN2014」のピアノ部門で、松井咲子さん(元AKB48)・森保まどかさん(HKT48)と、AKBグループのピアノ自慢が参戦する中、JUDY AND MARYの「そばかす」を弾いた生田絵梨花さんは圧倒的な存在感を発揮。

結果は惜しくも同じ高校でもある松井咲子さんに及ばなかったものの審査員からは絶賛の嵐となり、その才能は大物音楽プロデューサーにも認められます。

小室哲哉が生田絵梨花のピアノを絶賛!

その大物プロデューサーとは、あの小室哲哉さん。

AKBグループの秋元康さんがトークアプリ「755」で明かしたもので、小室哲哉さんは、「乃木坂の生田さんのピアノは凄いよね。高いレベルの音楽ができる」と話していたといい、秋元康さんもこれにはとっても嬉しいとコメント。

生田絵梨花さんは大物プロデューサーの小室哲哉さんもうならせるほどの才能を見せつけましたが、実は生田絵梨花さんはまた別のある大物プロデューサーと親戚関係にあるというのです。

生田絵梨花は大物プロデューサー・佐久間正英と親戚!

実は生田絵梨花さんは、大物音楽プロデューサーの佐久間正英さんと親戚だったんです。

佐久間正英さんと言えば、BOOWYやブルーハーツをはじめとした超有名アーティストを輩出したプロデューサーで、生田絵梨花さんのお父さんと佐久間正英さんがいとこ同士なのです。

スポンサーリンク

生田絵梨花さんは好きなアーティストにGLAYを挙げており、そして「TEPPEN」ではJUDY AND MARYの「そばかす」を演奏しましたが、GLAYもJUDY AND MARYも佐久間正英さんがプロデュースした有名アーティスト。

生田絵梨花さんが幼い頃から、佐久間さんの手がけた楽曲が家族の話題に上っていたといい、彼女の音楽に大きな影響を与えていることが見て取れます。

と、これまで生田絵梨花さんのピアノに対する評価や反応を見ていきましたが、実際のところ生田絵梨花さんのピアノのレベルはどのくらいのものなのでしょうか?この記事では生田絵梨花さんの大学からその実力を見ていきたいと思います。

生田絵梨花の大学は東京音楽大学!ピアノのレベルは?

https://www.musicman-net.com/artist/

生田絵梨花さんは大学名を公表してはいませんが、東京音楽大学付属高校から内部進学し、東京音楽大学に入学したとの説がかなり濃厚です。

理由としては、

  • 東京音楽大学付属高校の内部進学が多くを占めていること
  • 乃木坂46の活動を休止していたが(2014年6月~9月下旬)、入試の時期ではなかったこと
  • その休止時期は、主演ミュージカル「虹のプレリュード」の稽古のためだったこと(10月2日~10月7日)

生田絵梨花さんは学業を理由に上記の期間に乃木坂46の活動を休止していましたが、入試の期間とはまったくかけ離れていたことと、直後に主演ミュージカルの舞台を控えていたことから、学業ではなく生田絵梨花さん個人の活動を優先させていたという見方が強いです。

そして肝心の東京音楽大学のレベルですが、東京音楽大学は、国立大学の東京藝術大学、私立大学の桐朋学園大学に次ぐレベルを誇る大学で、国内外に多くのピアニストを輩出しております。

東京音楽大学のピアノ科は3コース!

ただ、同じ音楽大学と言っても目指すレベルによって実力は異なってきます。

東京音楽大学で言うと、ピアノ科は3コースに分かれており、

  • 基礎能力を高めて将来の音楽活動における基盤を学ぶ「ピアノコース」
  • 実践的な舞台経験を積み演奏家として自立を目指す「ピアノ演奏家コース」
  • その中でも特に才能がある学生を対象とした「ピアノ演奏家コース・エクセレンス」

下に行くほど学生のレベルが高くなります。特に「ピアノ演奏家コース・エクセレンス」は、特待生ともいえる位置づけ。

生田絵梨花さんは第21回日本クラッシック音楽コンクール(通称:クラコン)で入賞を果たしていますが、特待生ともなると、コンクールでも上位を取るくらいの実力でなければなりません。

生田絵梨花さんはミュージカルに本格的に取り組んでいることから、「ピアノ演奏家コース」ではなく、「ピアノコース」を履修しているのではと予想しています。

プロのピアニストにはどうやってなるの?

ピアノの細かな実力を測るのであれば、それこそ本当の専門家でなければわかりませんが、「プロ」といっても様々な基準があります。

もっともわかりやすいのは、クラシックピアノで著名なピアニストとなる場合。クラシックピアニストとなる人は小さい頃から英才教育を受け、厳しい努力を潜り抜けた一握りしかなれない世界。

ただ、そうでなくてもプロとして活躍している方はいっぱいいらっしゃいます。ポピュラーやジャズのピアニストしかり、ライブハウスなどの専属ミュージシャンしかり、ピアニストへの道は十人十色と言えます。

また、「プロ=収入を得る」という見方でみれば、生田絵梨花さんは高いピアノの演奏技術を持っているうえに、知名度も抜群なので何らかの形でプロのピアニストとしてやっていけるでしょう。

でも生田絵梨花さんはピアノにこだわっているわけではなく、音楽の道に進むことが第一目標。

現在はミュージカル女優を目指し、歌や踊りの稽古もたくさんしているようですから、乃木坂46で活躍するということは、夢に対してもっとも近道を進んでいっているのではないかと思います。

まとめ

  • 生田絵梨花さんは幼少期からピアノを始め、ピアノだけでなくクラシックバレエ・書道もたしなむお嬢様。
  • 生田絵梨花さんはドラマ「残念な夫。」でピアニストを目指す女子高生役を演じており、その実力を存分に発揮する。
  • 生田絵梨花さんのピアノの才能が知れ渡ったのは芸能人が特技を披露する「TEPPEN」という番組。
  • 惜しくも優勝を逃したが圧倒的な存在感を見せ、小室哲哉さんからもその才能を絶賛された。
  • 生田絵梨花さんは実は大物プロデューサーの佐久間正英さんと親戚で、彼から音楽の影響を受けている。
  • 生田絵梨花さんの大学は東京音楽大学。ピアノの分野において国内トップレベルを誇る。
  • 東京音楽大学のピアノ科は3コース。演奏家を目指していない生田絵梨花さんは「ピアノコース」の可能性。
  • プロのクラシックピアニストになれるのは一握り。生田絵梨花さんはミュージカルの道を目指している。

いかがだったでしょうか。お嬢様キャラとして才色兼備の生田絵梨花さん。ピアノの実力もかなりのものだということがわかりました。

クラシックピアニストではなく、大衆から愛されるようなミュージカル女優を目指しているとのことで、これからの生田絵梨花さんの活躍が期待されます!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA