人の目が気になる心理と特徴|自分を知れば克服しなくても大丈夫!

あなたは人の目が気になることに悩んでいませんか?

職場で大勢の人に囲まれていると自分のやりたいことができず、どう思われているかが気になってしまうと、自分のことを臆病で優柔不断だと思ってしまうのも仕方がありません。

でもそれは病気でもないし、克服すべきものでもありません。ただあなたは人より敏感なだけなのです。

この記事では、人の目が気になる心理と特徴を知り、受け入れることで、今よりもラクに職場で過ごすことができるような内容になっています。

それではさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

人の目が気になる心理と特徴

人の目が気になる人は、生まれつき物事に敏感な性質を持っている人が多いです。あなたはこのような特徴にあてはまりませんか?

小さな音が気になって仕事に集中できない

物事に敏感な人は神経がたかぶりやすいため、雑音や小さな音が必要以上に気になってしまいます。

パソコンがカタカタ鳴っている音やちょっとした物音、周りの人の話し声など、職場では色んな音がなっていますよね。

他の人が気にならないような音も拾ってしまいますが、職場ではいちいちそのことに対してやめてほしいと言えないため、それがストレスとなってしまいます。

いつもビクビクしていて、ちょっとしたことでパニックになる

ちょっとした周りの人の表情や感情を敏感に拾ってしまうため、つねに恐怖にさらされたような状態になりやすいのが特徴です。

だれかに自分の仕事ぶりを見られていると、必要以上に緊張してしまうことはありませんか?

そうなってしまうとミスが増えたり、仕事がてにつかないなどといったことが起きてしまい、周囲からの評価を落としてしまいがちです。更に焦って仕事ができなくなるといった悪循環が起こってしまうとつらいですよね。

このようになってしまうのは、人間がもともともっている防衛反応のせい。

人よりも敏感な性質を持っているため、この防衛反応が過剰になってしまい、性格に関係なくビクビクしたりパニックなってしまったりするのです。

周囲から遅れを取ってしまう

やろうと思ったことがすぐ行動に移せず、やってもいいのかどうか考えている内に周りの人が行動してしまい、遅れてついていく形になってしまいます。

職場の飲み会などで集団行動を取るときも、行く先を決めたり先頭を歩くことが苦手だと感じることが多いのではないでしょうか?

周りにいつも確認しておきたい

何事も決めるときに身長になりがちです。周りの意向を汲み取ってから行動に移すことが多いため、周りに何度も確認を取らないと気が済まない性質を持っています。

一番先に行動できない

失敗を恐れてしまいがちです。自分が間違った発言をしたことで、恥ずかしい思いをしたりパニックになった経験があれば、その傾向はさらに強くなります。

人の目が気になる人は、このような心理・特徴を持っていますが、そのことに対して自分を責めたり頑張って克服する必要もありません。

次は、人の目が気になる時の対処法を見ていきましょう!

人の目が気になるときの対処法

人の目が気になる人は物事に敏感で、神経が高ぶりやすい傾向があります。対処法としては、そのような環境を避けることだけを心掛けるようにしてみましょう。

安全・安心できる空間づくり

まずは安全・安心できる空間づくりを目指しましょう。具体的には、外部からの刺激をできるだけ遮断するよう工夫します。

スポンサーリンク

  • パーテーションなど自分のデスク周り囲んだり、モノを置いたりして、気になる人が視界から見えないようにする。
  • 好きなグッズ・好きな言葉が書かれたカレンダーを置いたり、パソコンの壁紙などを自分の好きなものにする。
  • 耳からの刺激をシャットアウトする。耳栓やイヤホンをしたり、難しければ物音が気になることを周りに伝える。

また自分の好きな感覚を積極的に取り入れるようにしましょう。

お気に入りのカフェに行ったり、好きな音楽を聴いたり、マッサージやアロマなど、リラックスできるものを積極的に取り入れます。

あまり難しく考えず、あなたにとって気持ちがいいと感じるものであればなんでもOKです。ただ、中毒性のあるようなものは逆効果になる可能性があるので控えましょう。

人の目が気になるときの考え方

人の目が気にある人は、どうしても自分のことを臆病だと思ってしまったり、優柔不断な性格だと責めてしまいがちです。

そうではなく、あなただからできることもあります。実はあなたが気づいていないだけで周りの人から見れば素晴らしい才能を持っていることの方が多いのです。

あなたのネガティブなところは克服しようとせず、見方を変えるようにしていきましょう。

全体のバランスを意識することができる

人の目を気にする人は、「何か抜けているところはないか?」と必要以上に気にします。

全体のバランスが崩れていないかどうかを考えなくても常に意識しているので、あなたの視点や考えはとても重宝されます。

冷静で客観的な意見が言える

確かに人の目を気にしすぎて後れを取ってしまうことがあるかもしれませんが、それはいいかえれば冷静で客観的な意見が言えるということ。

周りの意見が出揃ったあとに、あなたなりの意見を言うことで周りの人が見落としていたことや、気づかなかった視点を言ってもらうことで感謝されることがあります。

信頼されやすい

冷静で客観的な意見が言えるということは慎重な性格だということ。あなたはミスをしたり失敗することを人以上に警戒する性格なので、仕事でも大きな間違いを起こすことが少ないのです。

ミスが少ないということはすなわち信頼できるということ。意識しなくてもあなたは信頼を手に入れているのです。

小さな物事に気づくことができる

物事に敏感な性質は、使いようによってはとっても役に立ちます。それは小さな物事に気づくことができるということ。

周りの人はあなたが思っている以上に鈍感なので、あなたが感じたことを口に出すことであなたは感謝してくれます。「こんなこと言ったら怒られるんじゃないか…」と思わず、小さなことは口に出してみましょう。

できないことは無理にやろうとせず、できる人に任せよう

あなたは今まで、物事を敏感に感じ取る性質から、人の目を気にしてしまって、ビクビクしてしまったり、言いたいことが言えなかったりするなどつらい思いをしてきました。

でもそれは克服すべきことでも病気でもありません。あなたの大切な資質なのです。

まとめ

  • 人の目が気になるのは、あなたが持っている物事に敏感な資質のせい。病気でも克服すべき問題でもありません。
  • 人の目が気になる人は、失敗したくない・相手の意図を汲み取ってから行動したいという心理がある。
  • 人の目が気になる人の特徴は、外部の刺激に敏感なこと。小さな音や話し声に反応し、ビクビクしたりパニックになったりする。
  • 人の目が気になる時の対処法は、外部からの刺激をできるだけ遮断し、自分の好きな感覚を積極的に取り入れるようにすること。
  • 人の目が気になる時の考え方は、克服しようとするのではなく、元ある性質を活かすこと。小さなことに気がつく・冷静で慎重な性格を活かす。

人のことを気にしすぎて自分から行動を起こせなかったとしても、周りの人の中には自分からやりたい・やらせてほしいという人は必ずいます。

あなたは自分の性質を自覚することで、目立たずに一目置かれる存在になれます。できないことはむりにやろうとせず、できる人に任せるようにすれば、今よりも職場でラクに過ごせるようになるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA