【穴場】GWは心機一転で海外旅行!近くて異国感も味わえるオススメスポット3選

ゴールデンウィーク(GW)は年に数回の貴重な長期休暇で、このような時期にしか海外旅行に出られない方も多いことでしょう。

しかし、いくら長期休暇と言っても休暇の前後はゆっくり体調を整えて休むとなると、意外と旅行に充てる日数も取れないですよね。

ヨーロッパやアメリカなどの「ザ・海外」は遠いし高い。韓国や台湾は近くて安いけど、「海外に行った感じ=異国感」が足りずに物足りない・・。

今回は、【近い・安い・おいしい】に加え、旅した満足感がグンと上がる【異国感も味わえる!】という要素のすべてをクリアした穴場スポットを紹介します。

スポンサーリンク

GWの海外旅行の穴場①:タイ(バンコク&チェンマイ)

出典:http://www.bangkok.com/jp/

なんといっても一番のオススメは、タイです(成田⇔バンコク:フライト約6h)。なぜなら【近い・安い・おいしい・異国感】が全て揃っている上、本当に短い時間しか取れない方でも無理なく十分に楽しめる要素が凝縮しているからです。

タイは高度に発展していて外国人観光客も多いため、インフラや観光客向けサービスが整っており、比較的ストレスなく観光できますよ。それでは早速見ていきましょう!

~プチプラなのに豪遊気分を味わえる♪バンコク~

出典:http://www.bangkok.com/jp/

バンコクは洗練された都会的要素と東南アジアらしい混沌が入り混じった都市です。イチオシの楽しみ方は、一流のホテルにショッピング、マッサージを楽しむ、リッチな気分の旅行です!重要なのは、どの費用もとっても割安だということ。

大型の最先端のショッピングモールでお買い物を楽しんだ後は、おしゃれをして夜の街に出かけましょう。大人な雰囲気のルーフトップバーでお酒をいただいたら、クラブやニューハーフショーにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

別日には、王宮やお寺に出向いてタイの伝統と信仰に触れてみてください。休憩に、タイ古式マッサージのスパへ寄るのもお楽しみのひとつですね。

週末は、午前中のうちからウィークエンドマーケットへ!小物はもちろん、家具や美術品、仏像、様々な生き物までも売っています。普通にショッピングをするのも良し、大奮発して珠玉の一品を探すのも良し、怖いもの見たさにディープなエリアを覗くも良しです・・。

そのほかにも、日帰りで象乗り体験、水上マーケット散策、遺跡訪問などなど、バンコクだけの滞在でも盛りだくさんな体験ができます。

~古都チェンマイで街を散策♪様々な体験教室も魅力的♪~

少し時間に余裕がある方は、郊外に足を伸ばしてみましょう。バンコクから飛行機で1時間程度で行ける古都チェンマイは、打って変わってまるで日本の京都のような静かで情緒溢れる都市です。

中心地は歩いて回れるほどのコンパクトな街の中に、たくさんのお寺が建っており、夕暮れ時にはお経を唱える音が聞こえてきます。

日中は、充実したアクティビティに参加するのがオススメです。

タイ料理教室、ハンドマッサージ教室、お寺で瞑想体験&お泊り、少数民族の村にお出かけなど、バンコクとはまた違った楽しみがあります。ゆったり時間が流れるチェンマイだからこそできる特別な体験をしてくださいね。

街に点在する小さなゲストハウスやレストランは自然と調和した洗練さがあり、高級ホテルとは違った魅力があります。どこも美しくライトアップをしているので、夜のお散歩も楽しいですよ。

また、チェンマイではナイトサファリが楽しめるのも特徴です。動物は人懐っこく、距離が近い!すぐそばまでやってきてくれるので大迫力です。

GWの海外旅行の穴場②:ベトナム(ダナン&ホイアン)

みなさんは、ベトナムについてどんなイメージをお持ちですか?

ベトナム戦争?社会主義国?ベトナムは【近い・安い・おいしい・異国感】をすべて満たす国であり、タイとはまた違ったリゾート気分を存分に楽しめる穴場なのです。(成田⇔ダナン:フライト約6h)

特に食事は、フォーや生春巻きなどの有名料理からも想像できるように、さっぱりとして優しい、より日本人好みの味わいだと言えます。

今回は都会の喧騒を離れてくつろげる、趣ある中部の都市をピックアップします♪

~ベトナム中部の玄関口、ビーチリゾートのダナン。おしゃれカフェも要チェック!~

ベトナム中部の大都市、ダナンまでは成田から直行便が出ており、約6時間のフライトで到着します。ダナンはビーチリゾートとして程よく発展していながら、人や建物でごった返した感じはありません。

スポンサーリンク

街には大きな川とサーファーが集う海岸線が広がり、郊外にはパワースポットと名高い山がそびえ立ちます。どこか開放的で気持ちの良い雰囲気が魅力です。

ダナンでは、少し早起きをして日の出の海岸に出てみてはいかがでしょうか。日頃の疲れが吹っ飛ぶような光景を見ることができるかもしれません。また、地元の人の生活が始まる様を覗くのも、現地感を存分に味わえて興味深いです。

日中には、シュノーケリングのツアーがオススメです。船に乗って地元のプロイチオシのポイントで、インストラクターの介助のもと海に潜ることができます。

ツアーによっては日本人インストラクターのサポートを受けることができますよ。多くのプランにはランチがついているのも嬉しい楽しみ。海を眺めながら新鮮な食材をふんだんに使った食事をいただけば、もうリゾート気分満載です。

そして忘れてはならないのがカフェ巡りです。

ベトナムは、言わずと知れたコーヒー大国。ダナンの街を歩くとそこら中におしゃれなカフェが立ち並んでおり、その洗練度は日本のそれにもまったく遜色ないどころか、もっとおしゃれかも知れないともう程。

濃くてあま~いベトナムコーヒーを堪能できるのはもちろんのこと、バラエティに富んだコーヒードリンクや、フレッシュジュース、スイーツを楽しむことができます。

涼しくてWi-Fi完備のカフェはまさにオアシス。ダナンではせかせか観光せず、ぜひゆったりカフェ巡りをして、最上の何もしない贅沢を味わってください♪

~夜に映えるランタンが美しい!世界遺産の街並みを誇るホイアン~

なんとなく懐かしい雰囲気が漂うホイアンは、ダナンから車で約40分の場所にあるため、無理なく足を伸ばせます。かつては東西交易の中継地として栄えたため街は異国情緒に溢れており、まるでタイムスリップをしたかのような気分を味わえます。

ホイアンではぜひ、歩いて街を散策してみてください。古い建物×植物×色とりどりのランタンの織りなす風景はとても個性的でうっとりしてしまします。

歩いているとたくさんの凝った雑貨店や、上等な中国風のお店、伝統音楽コンサート&工芸品ワークショップ、博物館などが見つかるので、お気に入りのものを体験してみてくださいね。

薄暗くなるとランタンに明かりが灯り、川の水面に映る光が幻想的です。川沿いのレストランはどこも開放的で眺めが良いので、ビールを片手に大人の時間を過ごしてください。^^

GWの海外旅行の穴場③:フィリピン(マニラ&ビガン)

フィリピンはスペインの支配下にあった影響で、まるでラテン系の国だと表現されます。

人々は陽気で歌や踊りが大好き。街並みにもスペイン統治時代の影響が色濃く残ったヨーロッパ風の建物が目につき、キリスト教信者が多くを占めているという点からも多くのアジアの国々とは一線を画しています。

ヨーロッパ風の重厚な建物と、ヤシの木やプルメリア、ブーゲンビリアなどの南国の植物の共存にも心惹かれます。

もちろん【近い・安い・おいしい・異国感】もばっちり網羅しています!(成田⇔マニラ:フライト約5h)今回は、アジアに居ながらにしてラテン&ヨーロッパの雰囲気も味わえるスポットを紹介します♪

~アジア最大の巨大ショッピングモールあり、スラムあり。混沌の大都会マニラ~

マニラでぜひ訪れていただきたいのは、スペイン統治時代の石畳が残るイントラムロスというエリアです。

このエリアにある世界遺産のサン・アグスティン教会はフィリピンで最古を誇るバロック様式石造りで、400年以上もの歳月を経たその風貌は圧巻です。教会に併設された博物館フィリピンの歴史に触れることができるので、初めに訪れる場所として最適です。

マニラで外せないのは、その著しい経済成長勢いを感じられる巨大モールです。規模・おしゃれさ・充実度のどれをとっても満足のいくスポットですよ。

オススメは、東京ドーム8つ分にも当たるアジア最大のショッピングモールSMモール・オブ・アジア。イタリアのベネチアを模した建物が並ぶベニス・グランド・キャナルというモールでは、人口運河を周遊できるゴンドラ(イタリアの小船)に乗れちゃいます。

そして、モール内のフードコートは、侮るなかれ!フィリピンのおいしい料理がリーズナブルにおなか一杯食べられます。暑くて疲れた時にはハロハロというあんみつのようなデザートで体力回復がオススメ!♪

~世界遺産のスペイン統治時代の街並み♪歴史都市ビガン~

マニラからビガンまでは飛行機を乗り継ぎ、約二時間程度でアクセスできます。

その美しい街並みが世界遺産に登録されているビガンはスペイン統治都市の中でも最も保存状態が良いと言われており、16世紀から約300年にも渡る当時の繁栄をしのぶことができます。

この町へのアクセスはあまり良くないため、仰々しい観光地感がないのが嬉しい特徴です。街には教会やミュージアムが点在しているので、ぜひ悠久の歴史の一幕を覗いてみてください。

日中は馬車に乗って街を散歩、夕暮れ時はこれぞヨーロッパというほどのロマンチックなムードが漂います。

まとめ

タイ・ベトナム・フィリピンは比較的日本から近い上に、物価も安く、料理も大満足なおいしさで、異国感が満載です。海外旅行にあまり多くの日程を避けない方は【1都市+日帰り郊外】、すこし余裕を持って回れる方は【複数都市の組み合わせ】をしてみてくださいね。

ゴールデンウィーク期はどの国も乾季に当たるので、観光もしやすいですよ。

東南アジアの各国は危ない国だというイメージを抱かれている方もいらっしゃるかもしれませんが、海外では身の回りに十分に気を付けなければいけないことはどこの国でも同じ。金目の物を大っぴらに出さない、夜に出歩かない、など基本的なことを守ればなんてことは無いのです。

貴重なゴールデンウィークは、【近い・安い・おいしい・異国感】を兼ね備えた穴場スポットで、羽を伸ばしてきてくださいね。

以上、「【穴場】GWは心機一転で海外旅行!近くて異国感も味わえるオススメスポット3選」でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA