クリスマスプレゼントを置く日・置く場所・置く時間の正解はこれ!サンタクロースはいつ来るかについても!

今年もそろそろ終わりが近づいてきました。そろそろクリスマスですね。

街もクリスマスモードに変わり、プレゼントは何にしようかな~って悩んだりとすると思いますが、意外と忘れがちなのが、プレゼントを渡すタイミング。

そういえば、クリスマスのプレゼントっていつもらってたかなあ…?

お子さんが幼稚園に通い出したり、もしくは小学校から、という方もいらっしゃると思いますが、いつプレゼントをもらったというのは、親としてはそこまで気にすることではないけど、子どもにとっては意外と大切なんです。

お子さんが寝ているときにプレゼントを置くようなちょっとしたサプライズを考えるのであれば、なおさらタイミングというのに悩みますよね。

  • プレゼントを置く日って、24日の夜?25日の夜?
  • プレゼントを置く場所ってどこ?枕元?
  • プレゼントっていったいいつに渡すのが正解なの?

などなど、プレゼントの置く日・置く場所・置く時間を中心に、お伝えしていきたいと思います。

それではさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

クリスマスプレゼントを置く日は24日?25日?

それではさっそく、結論として最もポピュラーなタイミングをお伝えすると、

  • プレゼントを置く日は、12月24日の夜

がベストです!つまりクリスマスイブの夜になるわけですね。その理由をクリスマスの歴史から紐解いていきます。

クリスマスイブは前夜祭ではなく実はクリスマス本番!

日本では12月24日は「クリスマスイブ」で、前夜祭の位置付けですよね。

確かに「イブ(eve)」は祝日や教会のお祭りなど「大事なイベントの前日・前の晩」を指すことが多いのですが、けれども本当はちょっと違っているんです。

“Eve”という単語は、夕方(evening)をあらわすevenから生まれており、正確には前日ではなく、「晩(夜)」のみを指しています。

つまり「クリスマスイブ」はクリスマスの「夜」ということになるんですが、だからといって12月25日の夜ではないんです。

というのも、「クリスマス(Christmas)」は、キリストの生誕を祝う日「Christ(キリスト)のmass(ミサ)」のことで、キリスト教の影響を色濃く受けています。

そのうちの一つが独特の暦。今の私たちの一日の区切り方は夜0時を境としていますが、キリスト教の暦(ユダヤ暦)の考え方は違っていて、日没が一日の区切りになっています。

今頃の季節だったら、夜6時ごろになったら次の日、という形になるわけなんです。

サンタクロースはいつ来るの?

つまり、キリスト教の暦にのっとった正しいクリスマスは、

  • 12月24日の日没~12月25日の日没まで

ということになります。これがサンタクロースが来る日となります。

したがって、夜にクリスマスプレゼントを置くのであれば、12月24日が正しい、ということになるわけなんです。

まあ、そんな細かいこと考える必要は全くないんですが、マメ知識としてなんですけどね(^^;)私はクリスマスが二日間あった方がなんか得したような気がします♪

2017年のクリスマスはプレゼントをいつのタイミングで渡す?

それでは2017年のクリスマスはどうすればいいのか?ということについてみていきます。

2017年は祝日の天皇誕生日「12月23日(土・祝)」があるので、24日・25日は日・月にあたります。つまり、クリスマスは24日が休みで25日が平日となります。

これを踏まえると、平日の25日に家族一緒に集まれないのであれば、クリスマスパーティーなどを24日に変えるご家庭もありますが、プレゼントは通常通り24日の夜でよさそうですね。

プレゼントを置く日を他の日にしないほうがよい理由

プレゼントを置く日は各家庭の自由なのでいつでも問題ないのですが、幼稚園・学校、他のご家庭との兼ね合いを考えると他の日にしない方がよいと言えます。

スポンサーリンク

理由「自分だけプレゼントが早い・遅いと子供が不安になる」

全く他の家庭とのかかわりがその時にないのであれば大丈夫ですが、子ども同士でクリスマスプレゼントのことについて話したりする機会も多いと思います。

そんな時に、自分だけプレゼントをもらっていなかったりしたら不安になるし、なぜサンタさんは自分の内だけ遅いんだろう?と疑問を持つかもしれません。

2017年においては、おそらく12月22日に終業式を行い冬休みに入るので、幼稚園・学校などに行く機会は少ないと思いますが、そのようなことも念頭に置いてみてください。

クリスマスプレゼントを夜中にこっそり置く時間帯は?

夜中にこっそり置くときにはポイントがあります。それはもちろんバレないことです(笑)

私自身子どもの頃を振り返ると、家族一緒に布団を敷いて寝ていたので、誰かが部屋に入ってくることにそれほど気を遣っていませんでしたが、でもやっぱりプレゼントを置いてくれていることは知っていたので、クリスマスの夜はあまり眠れませんでした(笑)

バレてもいいのであれば、寝る前でもいいのですが、一番いいのは朝方はやめに枕元にプレゼントを置くのがベスト。

お子さんも気になって眠れなかったとしても朝方頃はさすがに眠りについているでしょうから、理想的な形でプレゼントを枕元に置くことができると思います。

クリスマスプレゼントを置く場所、他にこんなところに置いている人も

先ほどは定番の枕元についてお話ししましたが、うちはベッドだし枕元だとバレる!という方であれば、ベッドの下や足元、音に気をつけられればクローゼットなんかでもいいですね。その他にはこんなところもあります。

  • クリスマスツリー(お家にある方)の下
  • 庭の木に吊るす
  • ベランダ
  • 玄関

実はクリスマスツリーの下に置くのが本来のプレゼントの置き方だそうです。私は枕元に靴下を用意して、そこに入れてもらうという話しか知りませんでした(^^;

もうちょっとロマンを持たせるのであれば、煙突から入れなかったから、庭の木や、ベランダ、もしくは玄関などに置くのもいいですよね。

置いたプレゼントに気づく瞬間が親としての楽しみ!

せっかく悩んで、奮発して買ったお子さんのプレゼント。お子さんが喜ぶ顔をみたいですよね。

親としても、お子さんがいつ気づくのかというのを見るのが楽しかったりします。プレゼントあげれるうちは、場所を変えたりどこかわからないところに隠したりして毎年楽しめるようにしてあげるといいですね。

まとめ

  • クリスマスプレゼントを置く日・置く場所・置く時間には決まりはない、まずはご家庭に合わせたスタイルを。
  • クリスマスプレゼントを置く日は、12月24日の夜がベスト。本来のクリスマスにのっとった日でもあるし、もっともこの日が多い。
  • クリスマスプレゼントを置く時間帯は、子どもに気づかれない朝方がベスト。気づかれないようであれば寝る前に。
  • クリスマスプレゼントを置く場所は枕元が定番。ツリーがあれば、ツリーの下、その他家の外を含めて置きやすい場所に。

いかがだったでしょうか。まずはご家庭の中で一番負担がかからないやり方を考えると同時に、プレゼントをもらったお子さんが不安にならない、喜んでもらえる気遣いがあれば、きっとその思いは伝わります。

よいクリスマスとなりますように!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA