「自信がない・仕事辞めたい」仕事ができないと苦しむあなたへ「居続ける」ことの大切さ

あなたは「仕事を辞めたい」と思ったことはありませんか?

あなたが入社したてであれば、新しい環境になじめなかったり、仕事内容が覚えられなかったりで苦しいですよね。

また、ある程度乗り切ったとしても仕事量が増えてミスが出だしたり、何度も同じことを注意されて「仕事ができない人」と思われることほど辛いことはありません。

仕事を始めたての頃に自信がないのは当たり前。何度も転職を繰り返すと自分に自信がなくなるのも当たり前です。

今回は、「仕事を辞めたい」と思ったときにどうすればいいのか、あなたの気持ちに寄り添いながら記事を作成しました。

この辛さが少しでもやわらぐことを願っています。ではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

仕事に自信がないと感じる時

仕事に自信がないと感じる時ってどんな時でしょうか?まずはあなたの状況を整理してみましょう。

仕事に自信がない時:新しい環境

人は新しい環境に移るとその変化に順応しようとします。新しいオフィス、新しい上司、新しい人間関係…。これらの環境の変化は気づいていないだけであなたにとって目に映るものすべてが順応の対象です。

新しい環境で周りの人間関係や仕事の勝手もわからない状況では自信がないと思うのは当然です。

仕事に自信がない時:新しい仕事内容

新しい仕事内容では覚えることがたくさんあります。覚える側としては、一度で覚えようとしたりメモを取ったりして忘れないようにと心がけますが、教える側・先輩の立場からすると一度で覚えるなんて到底無理。

教わったことをやってみて失敗して、失敗したところをやってみるけどまた失敗して、何度か失敗していくうちに「なぜ失敗したのか」がわかってくるし徐々に体で覚えていくもの。

新しい仕事内容で自信がないと思うのは当然で、覚えるのは自分が思っているよりも時間がかかります。

仕事に自信がない時:一番下の立場の時

仕事において立場というのは意外と重要です。どれだけ自分はできると思っていても、一番下っ端の場合は指示を受け、それに従うので基本的に仕事の概要がわからないのです。

一番下の立場に就いてひとつひとつ仕事を重ねていくうちに、その仕事がどういう意味を持っているのか、他の仕事とどういう関連性があるのかがわかってきます。一番下の立場だと仕事のつながりがわからなくて自信がないのは当然です。

そして、立場が上になることで変化が起きます。後輩や部下を持つようになると、誰でも自然と先輩・上司としての振る舞いをするようになります。

つまり、仕事における自身というものは能力云々だけではない部分もあるのです。

自分に自信がないのは、仕事だけでない場合も…

今挙げたように、環境面・仕事内容の面で仕事に自信がないというのがほとんどですが、それは人によって個人差があります。その差は、自分に対する自信です。

  • 「仕事が出来なくても大丈夫、そのうちなんとかなる」

と気楽にいられる人がいる一方で、

  • 「仕事ができない、もう自分はダメかもしれない」

と自分を責めたり、くよくよ落ち込んでしまう人もいます。

そんな風に自分を責めてしまったり、くよくよ落ち込んでしまう人にはどのような特徴があるのでしょうか?

自分に自信がない人の特徴

自分に自信がない人の特徴は大きく見ると2つあります。

  • 堂々とすることに抵抗感を感じる
  • 人の意見に流されやすい

自分に自信がない人は、「自由に行動してはいけない」と思っているし、周りのことが気になりすぎてリラックスできない人がほとんどです。

自由に行動してはいけないと思っている

この前こんなお話を聞きました。

新しく会社に入って研修が終わり、職場に配属されるようになって、いつでも休憩とってもいいよって言われるんですけど、周りの人に合わせて席を外したら、「アイツ何してんだろう」って思われてそうですごく気を遣っちゃうんです。

ああ、それは気を遣いますよねえ。と相槌を打ちましたが、それと同時に、それは仕方ないよなあとも心の中で思いました。

というのも、はじめのうちは、何をやったらいいかよくわからないし、立場上お世話してもらっているので、なかなか自分の思うタイミングで、やりたいことがしにくいはずです。

休憩のことだけでなく、服装や髪の色もそうだし、電話応対や言葉遣いなどもそう。「私これで正しいのかな」って気を遣うことがたくさんあるわけですよね。

「ほどほど」がうまくできない

「そのままの自分ではいけないんだ」という思いを、あなたは気づかないうちに持ってしまってないでしょうか。

それが何なのかはよくわかっていないから、当たり前に感じてしまうかもしれません。もしそうだったとしたら苦しいですよね。

  • ほどほどに仕事をして
  • ほどほどにおしゃべりして
  • ほどほどに休憩する

そんなことが許されないと感じていたら、認められるよう限界まで頑張るでしょうし、理不尽なことを言われても、何も言い返せないで終わってしまうでしょう。

もしかしたらおかしいという感情も抑えつけてしまうかもしれません。

話すことも、聞くことも、疑問をいだくこともできないまま、自分が悪いんだと思ってしまう。おかしいなって、気づけたとしても、そこから抜け出すのは悪いことのように思ってしまう。

そんな風に思っているのに、堂々としようとしたり、自分の思っていることを出そうとしてもできませんよね。だからあなたは意志が弱いわけでも、頑張ってないわけでもないんですよ。

自分に自信がない原因は幼い頃の家庭環境

自分に自信がないのは何も能力がないから・仕事ができないからというわけではありません。仕事場で自由にしたり、上司に対して自然体でいられるというのはまた別問題だからです。

そうやって自分らしく自然体でいられなくなった原因は幼い頃の家庭環境にあります。幼い時にどんな思いを持って育ったのでしょうか?

これでいいんだと思えなかった

これは私の話なんですが、私は門限とか細かいルールとかはなかったんですけど、人一倍感受性が強かった分、自分でやめておこうって決めたことが多かったなと思います。

裏で悪口を言い合っているの聞いたり、外で見せたくない隠し事がウチの中で多かったりしたので、思ったことを思ったまま話してはいけないんだなって、思うようになりました。

スポンサーリンク

外だけでなく、自分が本当はこう思うって言うことも口に出せませんでした。口に出したりわがままいったり、感情を吐き出したりしたら、困ってしまって迷惑かけてしまうんじゃないかって感じたんです。

だから、頑張って顔色をうかがったり、違うことしないようにしようと、必死にアンテナを張ってたように思います。

  • 甘えたかったり
  • ほめてもらいたかったり
  • 話をしたかったりしても

忙しそうにしている親の背中をみたり、まともに取り合ってもらえそうにないと感じることもありました。今日学校で何があったか、思ったままに述べたら「それはダメ」と言われるのが怖かったのです。

学校でいい成績をとっても、とくにほめてもらえなかったことが続くと、答案を見せたりするのをやめるようになりました。それでもずっと頑張り続けてました。

自分に自信がないのはあなたのせいではありません

思ったことを自由に話したり、行動したりすることを抑えるようになってしまうと、自分が思っていた感情をたいしたことのないものとして扱ったり、感じようとしなかったりするようになってしまいます。

自分の感じたことを信用せず、相手が正しいんだと信じ込んでしまうようになると、他人の意見に流されてしまいますし、自分の思ったことを堂々と話すことができません。

それが新入社員の時だけだったらまだいいです。時と時間が経つにつれ、自分の感じたことを少しずつ出して言ってもいいと思えるし、まわりもそうしてくれるようになります。

おかしいなって思ったら、それにも気づくことができます。

けれども、厳しいルールのもと、自分で自分を抑え続けてきた人は苦しいはずです。「毎日が新入社員」で、それに気づかないままずっとずっとやってきたんですもの。

毎日自分がどうしたいのかを感じることができないまま、感じたとしてもそれをできないまま、大きくなってしまった。

ですから、自分で自分を責めなくてもいいんです。なかなか変わらなくて当たり前なんですから。

あなたが決めたことならあなたが変えられる

でも永久に変わらないかと言われればそうではありません。

会社をすぐには辞められない事情があるかもしれないけど、ちょっとずつ、何かを変えていけば、もういいだろうと思う時が来るはずです。

配置転換や移動でもいいでしょう。時には思い切ってやめてもいいと思います。そういう出来事があった、ということなのです。

それは、あなたが子どもながらに一生懸命知恵をしぼって、解釈して、そして決めたことなんです。解釈を変えることができれば、それはあなたの中にあった出来事として、おさまるべきところにおさまっていくものなのです。

仕事を辞めたいと思ったときにまずやってほしい!「その場にい続ける」こと

私は、楽観的というよりかは、どちらかというと悲観的な見方をするタイプで、今まで振り返ってみると、仕事にせよ、グループの活動にせよ、そこで何かをやっていくことにおいて、

「こんなこと自分にできるかなあ」とか「これからやっていけるかなあ」とか、やることについて不安に思うことが多かったんです。

ですけれども、やってみてできたり、やってみてできなかったりする中で、やってみてできたりした時って、どんな感じだったかということを思い返してみたんです。

すると、やってみてできた・うまくいったものって、私の場合は、あんまりうまくやろうとせずに、淡々と自分の裁量やペースでやってこれたものでした。

そこから感じたことはですね、何かをするということもそうだけど、「その場にい続けること」ということが実は同じくらい大切なんじゃないかと。

「その場にい続ける」ことができると問題は解決する

どういうことかというと、例えば会社勤めで、新しい職場に入って間もない時は、その場所に、雰囲気に、周りの人に、仕事に慣れることが、結構大変なことだと思うんですね。

それって、「何かをやる」という目に見える情報だけでなく、目に見えない情報も知らない間に処理して対応している、ということなんじゃないかと気づいたんです。

だから始めのうちは、その職場や仕事のリズムに慣れなくてしんどいけれど、しだいに「その場にい続ける」ことに慣れてきて、リズムに乗ってくると、仕事特有のふるまい(フリ)が自然とできるようになって、いつの間にかうまく回っていくようになる。

フリができるようになると、相手もそれに乗って信頼してくれて、遅れて必要なものが身についてくる。

「何かをやる」ことについては、わざわざ意識しなくても、その場にいれば一通りちゃんとやるもんだな、なんとかなるんだなとも思っています。

だから、「その場にい続けること」ができるようにする。それでとりあえずはOKなんだと、目に見えるものだけでなく、その時の感覚を重視してもいいと思うんです。

ストレスが限界に達したら「適応障害」を疑って!

ただ、そうした一方で、「その場にい続けること」が何らかの理由でかなり厳しい時というのも出てきます。

ストレスが過度にかかってしまうので、それが続くと、「適応障害」になったりしますよね。

適応障害についてはこちらの記事を

それは人間関係のこと、立場としてやったことのないこと、能力を大幅に超えたスキルを求められること、本当はやりたくないこと、本当は興味のないことなど、現状とのギャップが大きすぎるときに、「その場にい続ける」ことが難しくなります。

だからできる限り、そのギャップが激しすぎないよう、できるだけ自分が対応できる刺激を受けながら、慣れていけるといいですよね。

ギャップを感じて、休んで、ギャップを感じて、休んで、いつの間にか対応できるようになる。そうしていくと後戻りや、ダウンをしなくなります。

仕事が合わなくて辞めてしまったとしても自分を責めないで!

でも「その場にい続けること」って、裏を返せば、い続けることできない所だって、当たり前にあるはずなんですよね。

あまりにひどい環境だったり、嫌がらせや心無いコトバを浴びせられたのであれば、相手が悪いって思えるし、同情もしてもらえるけれど、そんなにひどいわけではないのにその場にい続けられなかった時って、「自分ってダメなんだ」って自分責めをしてしまうことが多いんです。

閉じられた環境の中にいると、うまくいかない時ってどうしてもそう思っちゃいますよ。人によっては、い続けられる範囲が狭いことだってあり得るんです。

だから、今うまくいかないからって、自分を責めたりしないでくださいね。いつか自分に合った場所が現れるはずですから。

でも、すぐに離れてしまうんじゃなくて、やりたくないことも経験して、「その場にい続ける」ことができると、また新たな展開が待っているかもしれません。

あなたが今よりもラクにいられるようになることを願っています。

スポンサーリンク

14 Comments

翔子

これを読んでいて「んっ?私の事?」て
感じました。
周りの目をすぐに察知してしまうクセが良いか悪いかわかりませんがあります。
相手に言われてもyesマンになり自分の気持ちも言えないまま塞ぎ込み病むパターンで転職を繰り返す。
本当に自分がだんだんと嫌になってくる事がただただあります。
これを読んで納得しました。

返信する
kirakuniikou

このように感じてる方は多いんです。
周りの目を気にしてしまうのも、自分の気持ちが言えないのも翔子さんが悪いわけではありませんよ。

返信する
タク

読んでいて自分のことを肯定してもらえた気がして涙が出てきました。
職場で自分が思ってることを言えず求めてるだろう答えを選択してしまいます。
それでも今年新卒で入社したてでミスも多くて…自分を見て遠くから話されてると悪く言われてるのでは無いかと思ってしまい仕事に行くのが日々嫌になります。

返信する
kirakuniikou

新卒で慣れないうちは周りの目が気になる人が多いですね。
ただ経験上、今はミスが多くても慣れればミスが減りますし、思ったことも徐々に伝えやすくなりますよ。

とにかく今はしんどくても嫌になっても最低限のことをこなすこと。
その日できたことを大切にして、まずは三か月乗り切ってみてください。
もちろん無理はしないでくださいね。

返信する
モー

私は2年仕事が合わなくてもやってきました。一ヶ月二ヶ月で過ぎて行くだけであってなくてもやり通して来ましたが2年目。2年いてる割りには全然戦力外だなあと思い始めて。最近やっと違う職場に変わろうと決心しました。やるだけのことはしてきたしどんなに辛くても逃げずに向きあってきました。でももう限界。

返信する
take it easy

モーさん
仕事が合わなくても2年も続けられてきたんですね。すごく大変だったと思います。

勇気をもって転職を決断されたモーさんは素晴らしいですね。
どんなに辛くても逃げずに向き合ってきたモーさんの経験は必ずこれから活きてきますし、モーさんに合ったお仕事がいつか見つかると思います。

無理をせず、次に向けてしっかり休みを取ってくださいね。

返信する
りん

ちょうど今悩んでいます。転職して8ヶ月、営業として女ひとりの環境です。
前職で成績がよかったためはじめは自信があったのですが、業界が代わりわからないことだらけ、調べながらやってきましたがOJTの先輩は自分で考えてわからないことは聞いてくれ、というスタイル、あとから嫌味を言われ自分が悪いのでは、、と毎回落ち込んでしまいます。言い返すこともできず何も考えてないと思われていると思います。
部署内でもなじめず、仕事もうまくできず悪循環、、やる気はでないのに短期間で辞めるのがこわくて悩みながら毎日通勤している状況です、、。

返信する
take it easy

りんさん
それはひどいですね。
ご自身なりに努力されてるのに認めてくれてなかつたらイヤになるのも当然だと思います。

転職してから8ヶ月、時期的にも難しいと思いますし、前職の実績もあるからなおさらだと思います。

お仕事の状況は詳しくわかりかねますが、やはり業界が変わると知らない専門用語が多く、うまく聞き取れなかったり理解できないことが多いと聞きます。

暑い日が続いていますので、とにかく無理はしないようにして、身近な人に相談する・好きなことをしてリフレッシュするなど、お体をいたわってあげてくたさいね。

どちらの状況に転んだとしても、りんさんが選んだ決断は間違っていません。これからよい方向に向かっていくことをお祈りしています。

返信する
サリー

初めまして、
私は仕事してから2年目になります。どんどん後輩に抜かされてやる気無くなりました。別に人間関係が嫌っていうわけじゃないんです。
どうしたらいいのでしょうか?
悔しいのと当たり前のことが出来なくて辛いんです。誰かに助けを求めても、仕事いけって言われるし、正直私だってはやく1人前になりたかったし、自分のことどんどん嫌いになっていく。どうしたら自分を好きになれるの? もう、死にたいと思ってしまう自分もいる。

返信する
take it easy

サリーさん
>悔しいのと当たり前のことが出来なくて辛いんです。誰かに助けを求めても、仕事いけって言われるし、正直私だってはやく1人前になりたかったし、自分のことどんどん嫌いになっていく。

今、辛いと感じているのに無理に自分のことを好きになる必要はありませんよ。むしろ、辛い気持ち、悔しい気持ち、やる気が無くなる〇〇な気持ち、これらの気持ちを邪魔なものだと思わずに認めてあげてください。

そして、サリーさんご自身が今どうしたいのか、どう感じているのか、どうなりたいのかを親身になって聞いてあげてください。それができれば自然と自分のことが好きになれると思います。

返信する

今の仕事に就いて1年と4ヶ月が経ちました。読んでいて、自分と同じだと感じるところがたくさんありました。長年「人とうまく話せない」ことに悩んでいて、解決できないまま社会に出て、仕事をこなせてはいるけれど、人と話をしなければならない状況にしんどさを感じています。技術もまだまだ一人前ではないし、同期や後輩に抜かれていく、努力しなければと思いながらできていない。甘ったれていますね。がんばらねばがんばらねば、と呪文のように繰り返す日々です。「まずは居続けること」この言葉を胸に、もうしばらくがんばってみようと思います。

返信する
take it easy

花さん
コメントありがとうございます。

>甘ったれていますね。がんばらねばがんばらねば、と呪文のように繰り返す日々です。「まずは居続けること」この言葉を胸に、もうしばらくがんばってみようと思います。

花さんは甘ったれていると思ってらっしゃるかもしれませんが、こうやってご自身のことを見つめなおしていることがご自身の成長につながっていると思いますよ。がんばることも大切ですし、そして「こんな私でも大丈夫だ」と自分を許し認めることも大切です。居続けながらこの2つのことを意識してみてください。

返信する
コメ

7年間、必死に勤めていた会社をやめ転職したんですが仕事に対するやる気や気持ち、自信が持てなくなりました。
昔から環境の変化に著しく、体調不良を起こし自律神経系も弱い為、鬱も発症したりして研修期間中でも長期で休みことになりがちで新しい職場にも馴染ことがなかなか出来ません。
最近、自分は薄い本だなと思うようになり一つでも人より誇れる何かを探すようになりました。
寂しがり屋のプライド高く自信が持てない人間なんですが
どうしたら人の目に怯えず毎日を過ごすことができるでしょうか?
(乱文すみません)

返信する
take it easy

コメさん
コメントありがとうございます。

>7年間、必死に勤めていた会社をやめ転職したんですが仕事に対するやる気や気持ち、自信が持てなくなりました。

どこかでモチベーションが続かなくなってしまったのでしょうか。環境の変化に必死に耐えるというのは想像以上に大変ですね。

さて「どうしたら人の目に怯えず毎日を過ごすことができるか」ということについては、コメさんの自分自身に対する認識が変わることでよくなっていきます。「私は大丈夫」「私は周りから愛されている」様々な認識がありますが、周りの世界の見え方が変われば人の目に必要以上に怯えることはなくなります。

そのためには、まず自分自身を認めることです。

>昔から環境の変化に著しく、体調不良を起こし自律神経系も弱い為、鬱も発症したりして研修期間中でも長期で休みことになりがちで新しい職場にも馴染ことがなかなか出来ません。

ご自身についてネガティブな印象をお持ちのようなので、この記事を参考にしてください。

HSPのすべて|特徴・診断・適職・敏感で生きづらい理由と対処法について

コメさんにとってプラスとなる認識が増えればいいですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA