葵わかなは「わろてんか」のヒロインで相手役は松坂桃李!慶応大学はAO入試でずるしたってホント?

連続テレビ小説「わろてんか」のヒロインは葵わかなさん。

出典:www.nhk.or.jp

そして相手役はあのイケメン俳優の松坂桃李さん。

葵わかなさんが松坂桃李さんを見て恋に落ちるのかと思いきや、なんと松坂桃李さんが葵わかなさんに一目惚れ。そして葵わかなさんを巡って、高橋一生さん、濱田岳さんと取り合いの展開。なんて羨ましい!!

ということで、松坂桃李さんに一目惚れされるという羨ましい展開の朝ドラ「わろてんか」ヒロインの葵わかなさんの性格と松坂桃李さんとの関係についてお伝えしていきます。

そして、葵わかなさんは慶應大学に在学中ですが、その入試方法、AO入試で入学したからずるい!という声が聞こえてきておりますのでそのことについても調べてみました。

ではさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

「わろてんか」ヒロイン・葵わかなさんのプロフィール

出典:https://talent.thetv.jp

  • 生年月日:1998年6月30日
  • 血液型:A型
  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:宝塚観劇、猫を愛でること
  • 特技:歌(ボイトレ2010年~)
  • ジャンル:テレビドラマ・映画・CM
  • 活動期間:2009年~
  • 事務所:スターダストプロモーション

出演作品

  • 2009年:ドラマ「サムライ・ハイスクール」※女優デビュー作
  • 2013年:映画「陽だまりの彼女」
  • 2015年:ドラマ「表参道高校合唱部!」
  • 2017年:映画「サバイバルファミリー」

2017年10月から放送のNHK連続テレビ小説「わろてんか」では、3度めのオーディション挑戦で、2378人の中から主人公・藤岡てん役に抜てきされる。

もともとバラエティータレントを志望していて、2012年には出演しているコメディ番組で結成されたアイドルユニット「乙女新党」のメンバー。(2014年卒業)近年では、NHK「LIFE!~人生に捧げるコント~」に出演。

CMでも人気を集めており、2009年のファミリーマート「霧島の天然水」でCMデビュー。以後、東京海上日動火災保険(2013年~)やヤマザキナビスコ(2013年~)、アート引越センター(2015年〜)、ケイ・オプティコム「mineo」(2016年〜)などに出演し話題となる。

中学生になる前からデビューしており、既にたくさんの映画やドラマ、CM、バラエティなど様々なジャンルで活躍している葵わかなさん。現在は慶應大学に在学中で、学業との両立を目指して撮影に挑んでいるそうです。

葵わかなの相手役・松坂桃李さんのプロフィール

出典:http://www.oricon.co.jp

  • 生年月日:1988年10月17日
  • 出生地:神奈川県茅ヶ崎市
  • 身長:183 cm
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優、モデル
  • ジャンル:テレビドラマ、映画、舞台
  • 活動期間:2008年~
  • 所属事務所:トップコート

松坂桃李さんの朝ドラ出演は今回が二回目。初めての作品は2012念放送の「梅ちゃん先生」で、堀北真希さんがヒロイン演じる梅子の夫、安岡信郎(ノブ)を演じました。

松坂桃李さんはヒロインの相手役を二回努めることになり、「梅ちゃん先生」とはまた違った夫婦の関係を築いていきます。こんなイケメン俳優が相手役とは羨ましい限りですね。

さて、連続テレビ小説「わろてんか」とはどういった物語なのでしょうか?

連続テレビ小説「わろてんか」のモデルは吉本興業創業者!

2017年10月にスタートする連続テレビ小説「わろてんか」は、
日本で初めて「お笑い」をビジネスにした吉本興業創業者の「吉本せい」をモデルとした物語。

吉本せい お笑い帝国を築いた女 (中経の文庫)

by Amazon.co.jp

舞台は明治から昭和初期の大阪。いつも周りに笑いをふりまく藤岡てんが、ひょんなことから小さな寄席を始め、お笑いのビジネスが大きく成長していくというストーリー。

同じく連ドラの「ひよっこ」では、ヒロインみね子の相手役は誰?という話題で持ちきりとなりましたが、今回の相手役は北村藤吉役の松坂桃李さんと既に発表済み。

北村藤吉は、舗米問屋・北村屋の長男で、家業を継ぐのが嫌で旅芸人一座にまぎれ込んでいたときにてんと出会い恋に落ちるという設定です。

この藤吉がてんと出会って恋に落ちるというのが、なんとてんが10歳のとき。(ちなみに藤吉は16歳)

小学校の頃に、イケメン高校生の松坂桃李さんに一目惚れされ、好きだ好きだと言い続けられたらどうですか?ありえないと思うけど、舞い上がっちゃいますよね?

第一回のドラマでは、葵わかなさんではなく幼少期の藤岡てん役の新井美羽さんを見て恋に落ちます。しかも、北村藤吉役には代役を設けず、松坂桃李さんが出演。(新井美羽さんと松坂桃李さんの実年齢差はなんと18歳!)

そして冒頭でもお伝えした通り、葵わかなさんは、3人の男性から言い寄られます。その三人が、松坂桃李さん・高橋一生さん・濱田岳さん。

スポンサーリンク

朝からイケメンがたくさん出てきて、世の奥様方には楽しみな朝がやってくるのではないでしょうか(*^^*)

「わろてんか」のヒロイン・葵わかなの性格は?

この「わろてんか」とは、大阪の方言で「笑ってください。」「笑って欲しい」という意味があるそうです。

吉本興業といえば、誰もが知っているお笑いタレントの事務所ですよね。ちなみに吉本興業は1912年(明治45年)、大正元年に設立された会社!!現在は分社化されていますが、その頃から数えるとなんと100年を超える超老舗企業だったんですね。

ドラマの役柄としては、葵わかなさん演じる藤岡てんは、京都で古くから続く薬種問屋「藤岡屋」の長女で笑い上戸。しかし、てんの父親は大変厳しく、「人前で笑うな」と言われ続けていたそう。

そんな笑い上戸のてんに出会った松坂桃李さん演じる北村藤吉は、てんに「笑いは人を幸せにする力があるクスリや」と薬屋さんの娘のてんにアプローチ。そして二人は恋に落ちていく…。

と、ここまではドラマ「わろてんか」のストーリーですが、実際の葵わかなさんもお笑い好きな性格。バラエティ番組に憧れを持ったのが芸能界に入るきっかけで、「ようこそ!東池袋ヒマワリ荘」「痛快TV スカッとジャパン」「LIFE!~人生に捧げるコント~」などに出演しています。

「わろてんか」の撮影もチームワーク抜群なようで、

「松坂さんが意外と意地悪なんです。顔が映っていないバックショットのシーンなどで、本番中なのにちょっとした意地悪をしてきて笑わせようとしてきて。そうなると私も“絶対に笑わない!”となってました(笑)」と語ると、松坂は「今の話を受けて、負けず嫌いなんだなあと思いました(笑)。カットが終わった瞬間に『私は松坂さんからの仕掛けを観た瞬間に、絶対に笑わないと決めましたから』って顔をするんです。“わろてんか”って作品を撮っているのに(笑)。それぐらい和気あいあいとした空気が出演者全全員に流れているかなと思います」

出典:Real Sound

と、心から撮影を楽しんでいるよう。たくさんしんどいことやつらいこともあるかもしれませんが、持ち前の元気と明るさで乗り越えていってくださいね!

次回の朝ドラ「半分、青い」のヒロインは永野芽郁さん!

葵わかなは慶應大学合格!AO入試でずるをした?

葵わかなさんは現在慶応義塾大学在学中の大学生。中学生になる前から芸能活動をしていることから、忙しい学生生活をしていたと想像できます。

そんな葵わかなさんが、あの難関私立大学として知られる慶応義塾大学にAO入試で合格したことが知られています。

このAO入試で合格したことに対して、「葵わかなはずるして入学した」という声がネットで上がっているようです。

ではこのAO入試とはどういった入試なのでしょうか?

慶應義塾大学のAO入試について

AO入試とは、「アドミッションズ・オフィス」の略で、大学側の求める学生像(アドミッション・ポリシー)を照らし合わせるという意図で行なう推薦入試で、慶応義塾大学が先駆けて導入した制度です。

大学によっては、自己推薦入試、公募推薦入試、一芸入試など呼び方はさまざま。

内容としては、いわゆる学校の成績を元に、出身高校側と大学側の信頼関係をもとに推薦される「指定校推薦」とは違い、あくまで個人の活動や実績をもとに合否が判定される入試です。

その個人の活動や実績とは、慶應義塾大学に関しては、学科試験を行わない書類選考と面談のみの入試方式。入試資格を見ると、葵わかなさんは、その出願資格の中の条件の一つを満たしています。

学業を含めたさまざまな活動に積極的に取り組み、その成果が次の一つ以上に該当すると自己評価できる者

  1. 学術・文化・芸術・スポーツなどさまざまな分野において、研究、創作発表、コンクール、競技などの活動を通し、社会的に評価を得ている
  2. 外国語能力やコンピュータ技術等の技能において優れており、高度な資格や技術を有している
  3. 社会的な奉仕活動やその他の社会活動を通し、その成果や業績が認められている
  4. 学業が優秀であり、創造的、積極的な学習姿勢を堅持している
  5. 学業、人物ともに優れ、地域社会や高等学校等において指導的な役割を積極的に果たすなど、評価を得ている
  6. 関心や興味を持ったテーマに関して自由研究や自主学習などの自発的な取り組みを開始し、成果をあげている

出典:慶応義塾大学「AO入試:総合政策学部・環境情報学部」

このAO入試が学科試験を行わないことから、AO入試=一芸入試、つまり芸能人ならラクして入れる⇒「ずるい」ということをイメージする方が多いのだと思います。

確かに、AO入試に関しては賛否両論あり、学力低下を危惧する声もありますが、慶應義塾大学の湘南藤沢キャンパスでは、AO入試合格者の方が、一般入試の合格者よりも学力がすぐれているというデータもあるそうです。

葵わかなさんは、幼い頃から興味があった慈善活動について幅広く学びたいということで、女優業の合間を縫って猛勉強をしたとのこと。

慶應義塾大学は日本でも有数の私立大学ですから、学業に関しても一定水準のレベルをクリアしようと努力されたのではないでしょうか。

これからの女優活動と学業との両立は大変なものですが、葵わかなさんなら乗り切っていけると期待しています!

まとめ

  • NHK連続テレビ小説「わろてんか」のヒロインは葵わかなさん、その相手役は松坂桃李さん。
  • 松坂桃李さんは「梅ちゃん先生」に続き、二回目のヒロインの相手役を務める。
  • 松坂桃李さん演じる北村藤吉は、葵わかなさん演じる藤岡てんに一目惚れ。モデルは吉本興業創業者の吉本せい。
  • 葵わかなさんはお笑い好きな性格。「わろてんか」では松坂桃李さんらと和気あいあいとした雰囲気で撮影に臨んでいる。
  • 葵わかなさんは2017年に慶應義塾大学総合政策学部にAO入試で合格。
  • AO入試=一芸入試をしているということでずるいという見方もあるが、慶應義塾大学のAO入試入学生の学力レベルは高い。

いかがだったでしょうか。イケメン俳優の松坂桃李さんに一目惚れされる葵わかなさんは羨ましい役どころですが、そういった恋の物語だけでなく、人を笑わせ、楽しませてくれるドラマに仕上がりそうです。

これからの「わろてんか」を期待していきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA